トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > FaceTimeが繋がらなくなった時の対処法
FaceTimeが繋がらなくなった時の対処法
更新
まとめ・説明書

FaceTimeが繋がらなくなった時の対処法

FaceTimeが繋がらなくなった時の対処法

FaceTime、使ってますか?

iPhoneに初期搭載されている、緑色のアイコンのアプリ。「これなんだろう?」と思っている方いませんか?

使い道も分からず、でも消す事も出来ないこのアプリ。実は、iPhoneで無料のビデオ通話をする事が出来る、「FaceTime」と言うアプリなんです。

LINEに続く、無料ビデオ通話アプリと言う事で、少し制約はあるもんですが……iPhoneをご使用の方には、大変便利なアプリなのがこの「FaceTime」と言う訳です。

FaceTimeが繋がらない!どうして?

とっても便利で楽しい、ビデを通話の出来るアプリ「FaceTime」しかし、いつも通り使っていたらなんだか、急に繋がらないなぁ……なんて思う事が増えてくる事が。

通話中にも繋がらない現象が起きてきたら大変!そんな、突然「FaceTime」が繋がらない時の、「困った!」を解決する対処法を、ご紹介してまいりましょう!

機能制限で、FaceTimeはオンになっていますか?

iPhoneの「設定」→「一般」→「機能制限」で、Facetimeがオンになっているか確認してみましょう。

FaceTimeが繋がらない、iPhone等のApple製品のiOSは、最新のものですか?

iOSのバージョンが古いままだと、「接続中」と表示されたまま、繋がらないと言う事が多いようです。

FaceTimeタイムが繋がらない時の原因の一つに、iOSのバージョンの問題もあるようですね。FaceTimeが繋がらない現象が起こった時は、iOSのバージョンを確認してみましょう。

出来るだけ、最新のバージョンのiOSを入れておくようにしましょうね。

Wi-Fiで接続して、FaceTimeを使用していますか?

FaceTimeとは、原則、Wi-Fiでのネット環境下にiPhoneが無いと、繋がらないシステムになっています。

iPhoneの画面を見て「3G」等のWi-Fi以外での接続になっている場合は繋がらないので、ネット環境が改善されるのを待つか、手動でWi-Fiに切り替えて、再度チャレンジしてみて下さい。

どうしてもモバイルデータ通信でしかFaceTimeを使えない!と言う方はiPhoneの「設定」→「モバイルデータ通信」→「モバイルデータ通信を使用」で「FaceTime」がオンになっているか確認してから、使用する事となります。

「アクティベーション中」と表示されたまま繋がらない時は?

通信環境を確認してもダメな場合は、iPhoneの「設定」から「FaceTime」がオンになっているかを確認しましょう。

「アクティベーション中」と表示されるようでしたら、その項目のオンオフを切り替えてみてください。

「アクティベートできませんでした。」等の表記はいくつかあるのですが、そのままFaceTimeがまだ繋がらない場合は、以下の2つの方法を試してみてください。

1.デバイスの設定の確認をする
2.FaceTimeをオフにして、iPhoneを再起動する

※FaceTimeのアクティベーションは、最大で24時間近くかかる事もあるそうです。1日たってもアクティベートされず、FaceTimeが繋がらない場合は

3.iOSが最新確認
4.SMSの送受信が可能か確認

その上でAppleのサポートに問い合わせをする事となります。

繋がらない・音質に問題がある場合

モバイルデータ通信での接続や、Wi-Fi通信がが低速になってしまっている時、または、他のユーザが同じWi-Fi通信を介して、でオーディオやビデオをストリーミングしている場合も、FaceTimeのビデオ通話が、繋がらないと言う現象が起きるようです。

FaceTimeは国内のみ?

FaceTimeは海外からでは繋がらないの? いえいえ、そんな事はありません。

繋がらない原因は恐らく「接続先」にあると思われます。通常、FaceTimeは「接続先」を「電話番号」にしていますよね。

海外と日本国内でFaceTimeを使用したい場合は、この接続先を「メールアドレス」に変更すれば、FaceTimeが繋がらないと言うトラブルから回避する事が出来ます。

FaceTimeが繋がらなくなった時の対処法、まとめ!

便利なiPhoneのテレビ電話機能アプリ、「FaceTime」いきなり繋がらないと言うトラブルの対処法をまとめてみました。

繋がらないのにはいろいろな理由が考えられますので、一つずつ試してみて、対処してくださいね!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る