iTunesで同期が上手くいかない時の対処法

iTunesで同期が上手くいかない時の対処法

同期できない! どうして!?

こんにちは! Applisionです。借りてきたり、買った来たCDを、iTunesに取り込んで、iPhoneやiPadに同期しようとすると、上手くできない……。そんな事ありませんか?

今日はそんな、iTunesとの同期が上手く行かない時の対処法を、ご紹介してみたいと思います!

iTunesとの同期が上手く行かない時のポイント

同期を実行しても上手く行かない時は、以下の6つのポイントを確認してみましょう!

iCloudミュージックライブラリからの影響

Apple Musicのサービスが始まって以降、iPhoneやiTunesでの音楽ファイルに、少なからず影響が出ているようです。

Apple Musicに入っている音楽を、自分のライブラリにに追加保存するには、「iCloudミュージックライブラリ」を、有効にしなければいけません。

そもそも、Apple Musicを使用しない!と言う場合は、この項目をオフにしましょう。オフにするやり方は以下の通りです。

iPhone→「設定」→[ミュージック]→[iCloudミュージックライブラリ]をオフ。

・iTunesでの設定方法
iTunes→「設定」→[一般]タブ→[iCloudミュージックライブラリ]のチェックを外す。これでApple Musicの曲は、ご使用の端末から消えるはずです。
・Apple Music使用している場合
iPhoneとiTunes、両方の「iCloudミュージックライブラリ」の設定を、オンにします。すると、「iCloudミュージックライブラリ」への、アップロードが開始されます。

そのせいで、楽曲等が、iPhoneのミュージックアプリ内で、重複してしまう場合があります。これを回避するためにも、一度、iPhone内の曲を削除し、同期を始めるのが良いようです。

曲のチェックマークが外れていませんか?

チェックマークが外れている為、iTunesからの同期が上手く行かないと言うのも、よくある話です。

iTunesの「チェックマークのある曲とビデオだけを同期」が、有効になっていませんか? それで、聞きたい曲のチェックマークが外れている何て事……多いんです。

このチェックマークが外れていると、曲を転送できない状態に、陥ってしまうんです。

これを解消するには、iPhoneの「概要」タブを開き、オプションを無効にするか、ミュージックライブラリで、同期させたい曲等の、チェックが外れていないか確認しましょう!

iTunesから同期させたい曲を探す場合、曲表示にしてから、表示順序を「チェック済み」に変更すると、チェックマークがついていない曲だけを、まとめて表示できて、大変便利です。

音楽とビデオを手動で管理していませんか?

iTunesの、「音楽とビデオを手動で管理」の項目が、有効になっていませんか? iTunesのこの項目が有効になっていると、いくらiTunesから同期を試みても、一向に同期されない状態になります。

このオプションを無効にして、再度iTunesからの同期を試みてみましょう。

iPhoneの空き容量が足りていますか?

お使いのiPhoneの空き容量は十分ありますか? iPhoneの空き容量が不足している場合も、iTunesからの同期は行われません。

ちなみにiTunesでバックアップを取る際も、空き容量が十分でないと、中断されます。

空き容量を確認するには、iTunesの「概要」タブを開けば一目瞭然! 必要なだけの空き容量があるか、チェックしてから再度、同期を初めてみて下さい。

iPhoneの空き容量が不足している場合は、「空き領域に曲を自動的にコピー」の項目を有効にするか、聞かなくなった楽曲や、不要になったアプリ、写真画像なんかを削除すれば、空き容量の確保が可能です。

これ、同期する時に限らず、こまめにやっておくと、iPhoneが軽くなって快適になりますよ!

iTunesとiOSが最新バージョンになっていますか?

iTunesとiOSが最新になっていないと、同期が上手く行かない場合もあります。出来るだけ、最新のバージョンにアップデートしておくようにしましょう。

最新にアップデートしたら、再度iTunesの同期を始めてみて下さい。

・iTunesのバージョンを確認する
iTunes→「アップデートを確認」
Windowsの場合は「ヘルプ」→「更新プログラムを確認」
iOSの場合は、iPhone→「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」

もしくは、iTunesに接続するだけで、アップデートの有無が確認できます。

困った時の再起動!

ここまでのポイントを確認した後、同期を試みるたびに、エラーが繰り返される時は、iTunesやiPhoneを再起動してください。

そう、困った時の再起動です。

もちろん、再起動すれば、問題が必ず解決するわけではありません。ですが、再起動をするだけで、改善されると言う事も少なくはないのです。

合言葉は「困った時の再起動」ですよ!

iTunesがフリーズして同期が出来ない!

これもたまにあるトラブルのようですね、以下の3つの対処方法で対処してみて下さい。

1.同期の方法が間違っていませんか?
2.iTunesを再インストールしてみましょう
3.パソコンの不具合が起こっていませんか?

3に関しては、ここでは改善策が見つけられないのが本音です、こちらも試しに、再起動してみるのも良いかもしれませんね。

さて、それでは1と2について、話を進めてみましょう。

まずは1の同期の正しい方法について。

正しい同期の方法を取っていなければ、iTunesからの同期は失敗に終わります。そのせいでiTunesがフリーズしてしまう場合もあります。

同期の方法って凄く簡単ですが、ケーブルにホコリが溜まってないか、接続はきちんと出来ているか。

・USBケーブルを使って、iPhoneとPCを接続して同期
・Wi-Fiを使って同期

この2通りです。iPhoneの「概要」タブにある「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」のチェックが外れていないか。

細かな点もチェックしてみましょう。そして2の「iTunesを再インストール」について。

同期できない理由は、もしかしたらiTunes側にあるのかもしれません。最新のバージョンにアップデートするのも良いですが、それでも改善されない場合は、一度アンインストールしてから、再度インストールし直すのも良い対処法だと思います。

ちょっと面倒くさい作業ですが、iTunesからの同期を成功させるためなので、頑張ってください。

iTunesで同期が上手くいかない時の対処法まとめ!

iTunesの音楽等を、iPhoneに同期したい場合に起こる、トラブルの対処方法をまとめてみました。

そんなに難しい事は1つもありませんので、トラブルが起きた時は、焦らず騒がずこの記事を参考に、対処してみて下さいね!

iPhoneアプリ・iPadアプリの前後記事

omochi
この記事のライター 『omochi』

Applision編集長のomochiです。
「iTunesで同期が上手くいかない時の対処法」記事は満足いただけましたか?
他にも人気のまとめ・説明書 使い方・お悩みを多数おすすめしています。 是非、Google+やtwitter、facebookでフォローお願いします!

合わせて読みたい!関連記事のご紹介