トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの「モバイルデータ通信」とは?活用法まとめ
iPhoneの「モバイルデータ通信」とは?活用法まとめ
更新
まとめ・説明書

iPhoneの「モバイルデータ通信」とは?活用法まとめ

iPhoneの「モバイルデータ通信」とは?活用法まとめ

モバイルデータ通信って何だろう

こんにちは! Applisionです! よく耳にするiPhoneの「モバイルデータ通信」言葉は聞いたことあるけど、実際は「それって何?」と言う方も多そう。

さて、この「モバイルデータ通信」とは、どういうものなのでしょう? 今日はiPhoneの「モバイルデータ通信」って何? にお答えします!

で? モバイルデータ通信って?

簡単に言えばiPhoneの「モバイルデータ通信」とは、「3G/4G」回線でのパケット通信の事を指します。通常のiPhoneの設定では「オン」になっているはず。

このiPhoneの「モバイルデータ通信」の機能を、「オフ」にしてしまうと、「Wi-Fi」でのパケット通信が全て繋がらない状態になります。

iPhoneの「モバイルデータ通信」……メリットはあるの?

ご自宅にWi-Fiの環境がないので、ネットができない……と言う方にメリットがあります、また、これからWi-Fiに入るので工事をするまでの間……なんかにも威力を発揮します。

iPhoneを購入してすぐに使える、それがiPhoneの「モバイルデータ通信」の最大のメリットと言えそうです。

工事の必要が無い所もメリットですね、電波の届く所でさえあれば、iPhoneは必ずネットに接続できるのですから。

さて、こうなってくるとiPhoneの「モバイルデータ通信」のデメリットについても語らない訳にはいきません。

「モバイルデータ通信」の最大の魅力は、「どこでもインターネットが使えること」と、先ほどご紹介しましたね。

しかし、どこでも使える代わりに「速度」と言うデメリットが付いて回ります、やはり固定回線につないでいるiPhoneと「モバイルデータ通信」では話が違います、LTEなんて言う高速データ通信もある事にはありますが、やはり固定の回線よりは遅いと感じるかもしれません。

モバイルデータ通信の最大の弱点は「速度」と言っても過言は無いでしょう、さらに、速度がらみの問題でいえば……。

iPhoneをずっとモバイルデータ通信で使用していると、必ずついて回るのが「速度制限」この制限がかかると、iPhoneでネットをしたくても、すごーーーく重くなって不快になります。

動画を見たりや音楽をダウンロードする事が多い方には、あまりお勧めできないのが、モバイルデータ通信 となります、制限がかかると解除するのは有料となるので、さらに料金がかかるのもネックです……。

なので、モバイルデータ通信はあくまでも、外でネットをするのがメインの方に、向いて言えるのかもしれません。

iPhoneのモバイルデータ通信をオフにするとどうなるの?

ご自宅での固定回線がメインの方は、無駄にモバイルデータ通信の設定を、オンにしておく意味はありません。

オンにしているとパケット代が発生してしまう場合もあるんです、逆を言えば、iPhoneが固定回線での接続がメインの場合は、オフにしてくと、パケット代は無料となると言う事ですね。

固定回線が何らかの理由で圏外になった場合、モバイルデータ通信がオンにしてあると、自動的にモバイルデータ通信に切り替えてしまいます、するとそこからはパケット代が発生します。

不要な方は下記の方法で、モバイルデータ通信の機能をオフにする事が可能です。

・iPhoneの「機能」→「モバイルデータ通信」→「4Gをオンにする」を選択すればOKです

ちなみに、iPhone6/iPhone6Plus より前の機種やOSのバージョンがiOS 8.3より前のバージョンの方は、設定方法が異なります。

・iPhoneの「機能」→「モバイルデータ通信」→「4Gをオンにする」を選択
ここまでは同じですね
違うのは”必ず先に”「4Gをオンにする」をオフにしてから、「モバイルデータ通信」をオフにしてほしいと言う事です

先に「モバイルデータ通信」をオフにすると、「4Gをオンにする」をオフにする事が出来ませんのでご注意ください。

海外旅行に行く時にiPhoneを使うなら必ず「モバイルデータ通信」をオフに!

そして、これだけは絶対に注意してほしい事です、海外へiPhoneを持って行くなら、必ず、海外へ行く前にiPhoneの「モバイルデータ通信」をオフにしましょう。

これをやっておかないと、壮絶な金額が請求される可能性があります……。

気分良く帰ってきて、パケ死なんていう恐ろしい事にならない為にも、必ずモバイルデータ通信をオフにしましょう!

とにかく海外のデータ通信は高いんです……本当に高いんですよ……後悔しないで済むように必ず! です。

メッセージが送れない時は「モバイルデータ通信」を確認しよう!

iPhoneの初期搭載のメッセージアプリ、SMSやMMSは「モバイルデータ通信」がオフになっていると、実は送る事が出来ないんです、これはちょっとびっくりですよね。

通常、iPhoneは「モバイルデータ通信」はオンになっているはずなのですが、何らかの理由でオフにしてしまっていて、SMSやMMSが送れないなんて話は、結構よく聞きますので、オンとオフを頻繁にされる方は要注意です。

ちなみに、iPhoneの「モバイルデータ通信」をオフにしていると、iPhoneでのメッセージの送受信が出来ないだけでなく、iPhoneから電話できない、電話がかかってこない……なんて事にもなります。

と言う事はiPhoneでのメールも送受信不可となりますので、要注意です。

モバイルデータ通信で、通話時間が確認できる?

そうなんです、iPhoneのモバイルデータ通信の項目に入ると「通話時間」と言う項目があり、そこを見ると、

・現在の期間
・累積時間

と言った形で、通話時間を確認する事が出来ます。

ちなみにこの機能は、毎月リセットされるなどと言った、素敵な機能はありません(笑)確認したい方は、毎月手動でリセットするようにしてください。

モバイルデータ通信の画面を下の方に進めると「統計情報のリセット」と言う項目がありますので、それでリセットする事が可能です。

音楽や動画再生時にパケ代を節約したい!

iPhoneを外出先で使っている時に、Apple Musicを使用していると、モバイルデータ通信量が気になりますよね、この対策方法として、

・音楽をダウンロードする方法
・オフライン再生可能な音楽のみ表示する方法

この2つがありますが、誤った操作をしてしまったり、ストリーミング再生中にWi-Fiが切断してしまったりなんて言う、予測不可の問題が起きると、モバイルデータ通信が、発生してしまう事もあるんです。

それを防ぐためには、ミュージックアプリを使用する時は、完全にモバイルデータ通信をシャットダウンする必要があります。

さて、それでは、ミュージックアプリを使用する時に、モバイルデータ通信を、是が非でもシャットダウンする方法をご紹介しましょう。

1.iPhoneの「設定」→「モバイルデータ通信」→「ミュージック」をオフ
2.iPhoneの「設定」→「iTunes & App Store」→「モバイルデータ通信」をオフ

1はミュージックアプリでモバイルデータ通信のみを完全に遮断したい場合に適した方法です、2については、モバイルデータ通信で発生する、ストリーミング再生のみ遮断するのに適しています。

用途に合わせて設定を変更してくださいね!

iPhoneのモバイルデータ通信についてのまとめ!

iPhoneのモバイルデータ通信についてまとめてみました。上手く使えばパケット代を節約できるなんて目から鱗です!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る