トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneにMP3の音楽を入れる・変換方法
iPhoneにMP3の音楽を入れる・変換方法
更新
まとめ・説明書

iPhoneにMP3の音楽を入れる・変換方法

iPhoneにMP3の音楽を入れる・変換方法

NO MUSIC NO LIFE.

こんにちは! Applisionです! 現代社会で生き抜くには、音楽は切っても切れないコンテンツ。……と大げさに始めてみましたが、単にiPhoneで音楽を聴くのって普通になりましたよね。

そこで今回は、そんなiPhoneで曲を聴くために不可欠な、MP3についてご紹介してみましょう。

iPhoneへの、MP3の曲の入れ方!

iPhoneにMP3の曲を移動するには、iTunesを使う保存方法が一番簡単でしょう、では、どうやってiPhoneにMP3の曲を移すのか、やり方をご紹介します。

まずはPCを起動し、iTunesを立ち上げましょう、iTunesに作った曲や、ダウンロードした音楽ファイル等を、ファイルを保存します。

この時、WMAファイルで作成されているものは、MP3/AACファイルに変換されてパソコンに保存されます。なので、MP3を選択して保存しましょう。

※保護されているファイルは、追加できないのでご注意ください!

iTunesの画面最上部、左上にあるアイコンをクリック「ファイルをライブラリに追加」を選択します。

メニューバーを表示している場合は、「ファイル」から「ファイルをライブラリに追加」か、「フォルダをライブラリに追加」で選択できます。

これでパソコン上にある、追加したい、MP3の音楽ファイルもしくはフォルダを指定できるようになりましたので、指定します。

それでは、iTunesに保存された、MP3ファイルの音源を、iPhoneへ転送してみましょう。

使用してるiTunesが入ったパソコンと、iPhoneをUSBケーブルで接続して、同期しましょう、同期する事で、iTunes内のMP3の曲や音楽を、iPhoneへデータ転送する事が出来るのです。

これで、iPhoneへのMP3ファイルの入れ方は、分かりましたね♪

iPhoneへのMP3の曲や音楽を同期する方法を、もう少し詳しく!

分かりましたね♪ とは言ってみたものの、初めて同期する方もいらっしゃると思います。

また、いつも通りやったはずが同期できない! ……なんて方もおられる方もいらっしゃると思いますので、もう少し詳しくご紹介いたします。

先ほどもご紹介したとおり、PCとiPhoneをUSBケーブルで繋いで同期すれば、PCのiTunes内のMP3の曲や音楽を、iPhoneにMP3データを送る事が出来ます。

また同期する方法はWi-Fiを使って行う事も可能です、Wi-FiでのiPhoneとの同期方法は、後ほどご紹介します。

iTunesの画面左上に、iOSデバイスのアイコンが表示されているのが分かりますか? 見つかったら、これをクリックしてiPhoneの端末を選択します。

iPhoneへの同期設定を行います「ミュージック」のタブを開き、「音楽を同期」にチェックを入れましょう。

すると、次のようなポップアップが表示されます「既存の音楽、ムービー、テレビ番組、ブック、および着信音をこのiPhoneから削除し、このiTunesライブラリと同期してもよろしいですか?」消すのがOKならば、「削除して同期」をクリックすればOKです。

データは複数のiTunesに同期する事が出来ません。他のiTunesのライブラリと同期しているものがある場合は、保存されているデータを先に消去してから、新しい同期の設定を登録しましょう。

ちなみに、ここで「削除して同期」をおこなっても、音楽以外のデータが、消去される事はありません。

・同期には2通りの方法があります
・ミュージックライブラリ全体
・選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル

「ミュージックライブラリ全体」でiPhone側と同期すると、ミュージックライブラリにある、全ての音楽データがが転送されます。

個別に編集して管理してあるものをiPhone側に同期したい場合は、「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル」を選択するようにしましょう。また、以下の場合もこちらを選ぶようにしてください。

・iPhoneの容量を節約したい時
・ミュージックライブラリのサイズがiPhoneの空き容量よりも大きい時

実は、iPhoneの容量が不足すると、MP3の曲や音楽を転送する事が出来なくなるんです、なので転送するものを選別してiPhoneに同期する事で、iPhoneの容量を節約しましょう!

別の方法としては「空き領域に曲を自動的にコピー」にチェックを入れると言うのも一つの手段です、この項目にチェックをしておくと、PCのiTunes側が、iPhoneの容量に収めれる範囲で、MP3の曲や音楽を転送してくれるんです!

※この時、「プレイリスト」「アーティスト」「アルバム」で選んだものは優先的に転送されます。

パソコンからiPhoneへの同期オプションは、この他にもいくつかあります。

・ミュージックビデオを含める
・ボイスメモを含める

「ミュージックビデオを含める」と言うのは、iTunes Storeで購入したものを転送に含めるかどうかの設定です。

「ボイスメモを含める」はその名の通り、iPhoneのアプリで録音したボイスメモを、PCへ転送る事が出来る設定です。

全ての設定が完了しましたら、画面右下にある「適用」を選択、これでMP3等の曲や、音楽ファイルがiPhoneへ転送されます。

iPhoneへ転送する量にもよりますが、少し時間がかかる場合もありますので、ご注意ください、しばらくして同期が完了したのが確認できれば、iPhoneの取り出しアイコンを選択し、USBケーブルを外して、作業は終了です。

次回からは「ファイル」→「デバイス」→「”デバイス名”を同期」と選択すれば、iPhoneへの同期を実行できるので、作業が少なくて済みますね!

注意してほしいのが、初期状態の場合、iPhoneをパソコンに接続するだけで、自動的に同期を開始してしまいます、それが嫌な場合は、「概要」タブにある「このiPhoneを接続しているときに自動的に同期」の設定を無効にしておく事をおススメします。

・Wi-FiでiPhoneへ同期する方法
iPhoneの「概要」タブを選択→「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」にチェックを入れましょう。この設定が有効になっていれば、iPhoneとPCをケーブルで接続する事なく、同じWi-Fiに接続した状態のPCと、iPhoneへの同期が可能となります

iPhoneで購入したMP3ファイルは、iPhoneのどこにあるの?

iPhoneにMP3の曲や音楽を購入してダウンロードしたけれど、どこにあるのわからない……こんな質問もよく見かけますね。

iPhoneにダウンロードしたP3の保存先は、iPhoneの中のiTunesフォルダに入らないんです、この場合は必ずパソコンに保存してから、パソコンのiTunesからiPhoneへ送るようにしましょう。

iPhoneからパソコンへ転送するには、同期を実行するか、下記の方法を行ってください。iTunesの「ファイル」→「デバイス」→「購入した項目を”デバイス名”から転送」ダウンロードを自動的に行う事も可能です。

iTunesの「環境設定」にある「Store」タブ→「自動的にダウンロード」の中にある「ミュージック」の項目に、チェックを入れておきましょう、これでiPhoneと同期しなくても、自動でダウンロードをしてくれるんです。

特定の曲や音楽だけを、ダウンロードしたい場合は、「iTunes Store」を利用するのも便利です、「iTunes Store」を開き「購入済み」を選択しすれば、あなたがサインインしている「Apple ID」で、これまでに購入した楽曲がすべて表示されます。

それをクラウドアイコンを選択し、パソコンにダウンロードすればOKです。

iPhone等にMP3の音楽や曲が同期できない時の対処法

パソコンやiPhoneから、同期を実行してみても、聴きたい音楽が取り込みされていない時は、下記を確認してみて下さい。

・曲のチェックマークが外れている
・音楽とビデオを手動で管理している
・iPhoneの空き容量が足りない
・iTunesとiOSが最新バージョンでない

上記をまず確認してください、結構これ、見落としている事が多いんです、それでも駄目ならiPhoneやiTunes、PCを再起動してみましょう。

iPhoneでMP3の音楽や曲の再生方法を教えて!

特に難しい事はありません。

同期やダウンロードでiPhoneに入ったMP3の曲や音楽の聞き方は、iPhoneに最初から入っている音楽再生アプリで聞けるんです。MP3以外のファイルと同様の扱いで再生できますので、安心してください。

iPhoneのプレイリストを複数の階層フォルダで編集したい!

階層を作ってMP3の曲や音楽、その他の動画等を管理・編集したい場合は、専用のアプリを使うのもいいでしょう、でもそんなアプリなかなか見つからないよー!と言う方のために、やり方をご紹介してみましょう。

まずはパソコンのiTunesを起動しましょう、そして親階層にフォルダを作ります、一番上の階層に残っているリストをどれでもいいので選択し、新規作成を行います。

親階層にフォルダを作りたいときは、一番上の階層の残っているリストをどれか選んでおき、新規作成します。既にあるフォルダの下に、フォルダを作成したい場合は、そのフォルダを選んで、こちらも新規作成を行いましょう。

作成したフォルダに、任意の名前を付けます、それから、入れたいプレイリストをドラッグして、フォルダにドロップ。

これで同期すればiPhoneの方でも、階層構造になっているはず! ぜひお試しください!

MP3でない曲や音楽、ボイスメモ等を変換したい

パソコン側のiTunesがあればこれも簡単に行う事が出来ます。MP3に変換したいものを右クリックします、すると「選択項目をMP3に変換」と言う文字があるのが分かりますか?

項目が確認できれば、選択すれば変換はOKです。「選択項目をMP3に変換」の所がMP3以外になっている場合は設定を見直しましょう。

・iTunesの「編集」→「設定」を開き「一般」タブを選択しましょう
・その中から「CDをセットした時の動作」の項目を「CDのインポートを確認」にし、右側にある「インポート設定」を選択します
・すると「インポート方法」と言うのが選択できますので「MP3エンコーダ」にしておきましょう

実はこの設定をしておけば、CDをiTunesにインポートする時、必ず「MP3」でインポートしてくれるのです、この項目についても少し触れておきましょう。

パソコンのiTunes以外で再生する可能性がある場合は、「AAC」や「MP3」か「WAV」が良いかと思います、Mac等での再生や共有等を考えると、「WAV」は、候補から外してもいいかもしれませんね。

・二つの違いはこんな感じ
・AAC……ファイルサイズが軽く音質が良い
・MP3……汎用性が高く音質が良い

なのでここではMP3を選択するのが無難ではないかと思います。

さて、先ほどの項目で「MP3」を選んだら、その下の「設定」から音質を設定しましょう「AAC」だと標準音質となります。なので、それ以上の音質の良さを求めるのであれば「MP3」を選択しましょう。

選ぶときに注意したいのが、一度「標準音質」にしてしまうと「高音質」にする事は難しいです、それはファイルサイズが小さくなったものを、大きくするからです。

まあ、余程素晴らしいヘッドフォンやスピーカーで聞くのでなければ、標準でも問題はないと思いますが……。

MP3の音量を揃えたい!

iPhoneでMP3の曲や音楽を聴いていると、ボリュームが揃っていなくて驚く事ありますよね、いちいち、曲ごとに音量を調節するのも、面倒なもの。そんな時はソフトを使って調節しちゃいましょう!

MP3Gain

海外のソフトなので、最初に日本語化する必要があります

しかしこれと使えば音質劣化なくボリュームをUPする事も可能です。なかなか便利そうなので、良かったらどんなもんか、試してみる価値はありそう?

パソコンを持っていない場合はどうすれば良い……?

みんながみんなパソコンを持っている訳はありません。では、どうしたらパソコンを使えない環境の方でもMP3に曲や音楽を変換する事が出来るのでしょう?

やはりそうなると専用のアプリが必要となります。

Clipbox

iPhoneにMP3の音楽を入れる・変換方法まとめ!

作ったMP3の曲や音楽を交換して楽しむ等、MP3での楽しみ方はたくさんあります、今回ご紹介した方法で、iPhoneでMP3の曲や音楽を楽しんでくださいね!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る