トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneのスピーカーが調子悪い時に試したい事!
iPhoneのスピーカーが調子悪い時に試したい事!
更新
まとめ・説明書

iPhoneのスピーカーが調子悪い時に試したい事!

iPhoneのスピーカーが調子悪い時に試したい事!

何も聞こえない!!

こんにちは! Applisionです! 何気にiPhoneのトラブルでよく耳にするのが「スピーカー」の不具合。

急に音が出なくなったり、「ザー」と言うノイズのような音が聞こえたり。うっかりiPhoneを落下や水没させてしまい、スピーカーから出る音が小さい音しか出ない!

そんなiPhoneのスピーカーが故障してしまった、調子が悪い等の時にやってみてほしい、今日は原因別の対処法をご紹介してみましょう!

一番多い? iPhoneが水没してからスピーカーがおかしい!

iPhoneの水没だけに限らず、iPhoneを落下させてしまうと、スピーカーが故障するのはよくある事です。

iPhone水没後のスピーカーのトラブルでよくあるのが

・音割れ
・音が小さい

等の症状が起こります。

iPhoneを水没させてしまった場合は、とにかく中に入ってしまった液体を、乾かす事が重要です。入り込んでしまった液体のでいせ、スピーカーの音がこもるのです。

なので、きちんとiPhoneの中を乾燥させる事で、iPhoneのスピーカーから出る音が小さくなってしまったり、悪くなってしまった音質を改善する事が出来るかもしれません。

iPhoneを完全に乾かしてみたけれど、改善されず、iPhoneのスピーカーから出る音が小さいままな場合、

・スピーカーにほこりが詰まり、汚れている
・スピーカーが故障した

上記のトラブルが考えられます。

スピーカーってどこにあるの?

基本的なこの説明。

初めてiPhoneを使用する方のために、おさらいもかねてご紹介しておきましょう。

まずはiPhoneをのディスプレイを上にした状態で寝かします。内臓スピーカーは、iPhoneの下部、向かって右側にあります。

わかりましたか?

それでは、今度はiPhoneのスピーカーに溜まってしまったほこり等を、掃除する方法をご紹介しましょう!

iPhoneのスピーカーの音が小さい時の対処法!

iPhoneの水没時のみならず、iPhoneのスピーカーの音が小さく感じた時は、スピーカーの手入れをしましょう。

清掃の仕方はとても簡単で、ティッシュ1枚あればOKです。

ティッシュをこより状にして、イヤホンジャックの部分を清掃しましょう。イヤホンジャックだけでなく、一緒に充電コネクタの部分も清掃する事で、スピーカーから出る音量がアップする場合もあります。

なので両方とも一緒に掃除してしまいましょう。

それでもダメな場合は……

iPhoneで困った時は? そう「再起動」です。

iPhoneのスピーカーから、水滴やホコリを完全に取り去ったにもかかわらず、スピーカーから音がでない、音が小さい場合は、iPhoneを再起動してみましょう。また、充電がゼロになった状態で再起動するのもおススメです。

とにかく困った時は「再起動」これにつきます。

iPhoneのスピーカーから異音や雑音がする

iPhoneのスピーカーはマイクの部分と並んで、湿気の影響をとても受けやすいそうです。浴室等に持ち込んでの使用等は、故障の原因となりますので、避けるようにしましょう。

ちなみにスピーカーのトラブルは、パーツの交換で簡単に修理する事が出来るようです。

でも、修理に出す前にやってみて欲しい、iPhoneのスピーカーから雑音等が聞こえる場合の対処法を次からご紹介しましょう。

マイクが塞がっていませんか?

【iPhone4・iPhone4Sの場合】
iPhoneの上部にある、ヘッドセットジャックの横にある「セカンドマイク」に、ほこり等が詰まってないか、マイクを塞いでいる物が無いかを確認しましょう。
【iPhone5の場合】
iPhone本体の前面上部にある、レシーバー開口部のマイクと、メインカメラ近くのiPhone本体背面にあるマイク、その両方にほこり等のつまりがないか、iPhoneの画面を守る保護シート等で、マイク部分を塞いでいないか確認しましょう。

これだけでもiPhoneのスピーカーから出る雑音が、解消される場合があります。

画面会話やビデオ録画を使ってノイズを確認してみよう

iPhone5の場合、ディスプレイを上に向けて、iPhone面のマイクにノイズが含まれないか確認してみましょう。その後は、今度はiPhoneのディスプレイを下に向けて、背面のマイクにノイズが無いかも確認してください。

iPhone4、4S、5等は、iPhone本体底面の左側にあるマイクからの音声に、ノイズが無いかも同時に確認ましょう。

これらにノイズが含まれている場合は、先ほどご紹介した方法で掃除をし、それでも駄目ならやはり再起動してみましょう。iPhoneによって、確認する位置が異なりますので、要注意です。

iPhoneのスピーカーから音が出ない場合

掃除や再起動以外で、iPhoneのスピーカーから音が出ない場合は、以下の設定を見直してみましょう。

iPhoneの着信が「サイレント」に設定されていないかを確認します、次にiPhoneのホーム画面で音量調節をしてみましょう。

その時、iPhone画面の着信音表示の下に「ヘッドフォン」という文字が表示されていませんか? 「ヘッドフォン」表示が出る場合は、ヘッドフォンジャックに異物が入っている可能性が考えられます。

また、「ヘッドセット」を使っていない場合はBluetoothが「オフ」になっているかも確認しましょう。確認の仕方は以下の通りです。
iPhoneの「設定」→「一般」→「Bluetooth」

……これでも問題が見つからない場合は、もう一度再起動してみましょう。

再起動をしてみても、やはりスピーカーの不具合が治らない場合は、出荷時の状態に戻すか、サポートへ一度相談してみる事をおススメします。

「ヘッドフォン」状態に勝手になるバグ?

上記の中に出てきたiPhoneの音量調整が「ヘッドフォン」になってしまう症状。これ、何もしていなくても突然勝手になってしまう事があるようです。

なぜこの時ヘッドフォンジャックに異物が入っているか考えられるかと言うと、その異物を、iPhoneがヘッドフォンが刺さっている状態だと、勘違いしてしまうのです。

なので、この部分はこまめに清掃する事をおススメします。何気に、奥の方にホコリ等が詰まっている場合もありますので、丁寧に清掃してくださいね。

清掃した後も、このバグが起こったままの場合は下記の対処法をお試しください。

・ヘッドフォンジャックのプラグを抜き差しする
・Bluetooth機器を再接続してみる
・iPhoneの設定で音量調整する
 「設定」→「サウンド」→「着信音と通知音」
・ホームボタンを長押ししてSiriを起動する
・言語設定の機能を変更する
 「設定」→「一般」→「言語環境」→「言語」で一度日本語以外にし、また日本語に戻す
・カメラの撮影ボタンを押し、シャッター音を何度か鳴らす
・再起動する

通話中にスピーカーから音が聞こえない場合

iPhoneで電話をしている時、やたらと通話の音が小さい時ってありませんか?

もしかしたらスピーカーがミュートされていたり、音量が最小になっている可能性があります。

この場合は本体側面にある音量ボタンや、iPhoneの画面を引き下げると出てくる、コントロールセンターで、スピーカーの音量を調整しましょう。

また、イヤホンを付けていると、イヤホン側のマイクとスピーカーに切り替わります。そうなるとスピーカー側から音が聞こえないとか、相手に声が届いていない何て事もあります。

ちなみにこれ、純正のイヤホンなら、イヤホンを接続したまま会話する事が可能だそうです。便利ですね~! と言う訳で、イヤホンを外して会話をすればスピーカーから音が聞こえるようになります。

またBluetoothがオンになっている場合もスピーカーから音は聞こえません。それはiPhone側が、Bluetoothを優先するからなんです。

なのでコントロールセンターからBluetoothの設定をオフにすればOKです。

iPhoneのスピーカーが調子悪い時に試したい事まとめ!

通して対処法を見ていると、基本は「掃除する事」が重要なようですね。

どうしてもホコリが溜まりやすい部分でもありますので、こまめに掃除する事でスピーカーの性能も上がる事間違いなし!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る