トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneから視力を守れ!ブルーライト対策方法まとめ
iPhoneから視力を守れ!ブルーライト対策方法まとめ
更新
まとめ・説明書

iPhoneから視力を守れ!ブルーライト対策方法まとめ

iPhoneから視力を守れ!ブルーライト対策方法まとめ

iPhoneの使いすぎで目が霞んでおります

こんにちは! Applisionです。iPhoneを長時間使用していると、目の疲れがひどくなりませんか? それってiPhoneから発せられているブルーライトが影響しているのかもしれません。

iPhoneの画面から発せられるブルーライトがあなたのカラダへどんな影響を与えるのかご存知ですか?

ブルーライトと言う言葉はよく聞くけれど、何かよく分からない。きっとそんな方も多いはず。

なんとなーく、スマホを使いすぎると「目が疲れる」のかな……ぐらいは知っていても、それ以上の事ってあんまり分からないですよね。

実はこのブルーライト。
あまり浴びすぎると、目の疲れだけではなく、睡眠や肥満、うつ病など……さまざまな悪影響を与える事が、研究の結果に出ているのです。

そこで今日は、iPhoneを使っていると決して切っては切れない「ブルーライト対策」に、フォーカスしていきたいと思います。

iPhoneのブルーライトをカットしてくれるアイテム達

CMなどでもよく見かけるのが、ブルーライトカットのレンズを売りにしたメガネ。

ちょっとお値段が張りますが、通常のメガネを、ブルーライトカット対応のレンズに変更する事も可能です。

しかし諸々の事情で「メガネはちょっと……」なんて方もいらっしゃると思います。金銭面でも負担が増えるので、別の方法もご提案いたします!

液晶保護フィルムがあなたを守る!

iPhoneの液晶画面に、ブルーライトカットのフィルムを貼るのはいかがでしょう?

ブルーライトをカットしてくれる液晶保護フィルムを1度貼るだけで、ブルーライトから受ける刺激を軽減する事ができるんです。

恐らくこれが一番おすすめ出来る、ブルーライトカット対策ではないでしょうか。

驚異の効果?iPhoneのブルーライトをカットする液晶フィルム!

インターネットで「ブルーライト対策」と検索すれば、一番出てくるのがこの、ブルーライト対策を施された、iPhoneの画面保護シート。

iPhoneを使用している人の殆どが、普通にiPhoneに保護フィルムを貼っていることでしょう。

どうせならそのiPhoneの保護フィルムをブルーライト対策を施されたものにしてしまえば、一石二鳥♪ ガラスフィルムのタイプもあるそうなのでこれは有難いですね!

iPhoneの画面を守るのに最適で、貼るのも簡単で保護効果の高いガラスシートなら、ブルーライト対策のみならず、画面の保護も期待できそう!

だいたいがブルーライトカット率、20~30%と低めなのが難点ですが、それでもブルーライトを軽減出来るのだから、しないより絶対いいはずです!

ここまでは、ブルーライト対策グッズについてご説明しました!次からは、iPhone本体側でブルーライトをカットする方法をご紹介していきます。

iPhoneのアプリでブルーライトからあなたを守る!

寝る寸前までiPhoneを片時も離さない、そんな人も結構多いですよね。

でもそれが一番睡眠障害を起こす原因となるようです。

そりゃそうですよね、眠る直前までばっちりブルーライトを浴びているのですから。メガネや保護フィルムで対策をし、さらにアプリも導入してがっつりブルーライト対策をしましょう!

ブルーライトカットブラウザ

iPhone史上、最も暗いブラウジングが可能と言う謳い文句が売りの、ブルーライト対策アプリ。

Safariと同じ感覚でiPhoneでのインターネットを楽しめます。ブルーライトの軽減率を自分で自由に設定でき、設定次第では真っ暗な画面になってしまうそうです。

就寝前にブルーライトを調整すれば、通常画面より見やすくなっていると感じるかも。iPhoneのブルーライト対策アプリは、少ない上にウェブブラウザ用のアプリのみなので、ネットをしている時以外は効果がありません。

なのでさらに他の方法で、カバー出来るものはないか、探してみることにしましょう。

iPhoneの画面を白黒反転させて、ブルーライトから目を守れ!

iPhoneの設定で2つほど、有効な方法なのではないかと思う事をご紹介しましょう。

・文章を閲覧する時は、画面を白黒反転にしてみる

iPhoneには身体の不自由な方向けに「アクセシビリティ」と言う機能があります。

この「アクセシビリティ」の機能の中に、目の弱い人向けの、目に優しい白黒反転モードと言うのがあるんです。

確かに長文などを読んでいる時、背景が真っ白で文字が黒いと目が疲れますよね……なので、この機能を使って、少しでもブルーライトからくる目の疲れを軽減出来ればいいですね。

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「色を反転」

これで白黒反転をします。
しかし、何時もこのままでは困ります。

そんな時は、「アクセシビリティ」の項目の下の方に、「ホームをトリプルクリック」と言う項目がありますので、これを使って「色を反転」を設定してください。

これでホームボタンをトリプルクリックする事で画面が白黒反転します。

就寝前だけでもこれをすれば、ブルーライトの刺激を少しでもカット出来るかもしれませんので、ぜひ試してみてください。

iPhoneの画面の明るさ設定をしよう

iPhoneの画面を白黒反転するだけでは、ブルーライト対策としてはまだまだ。そこで「アクセシビリティ」をもう少し活用してiPhoneの画面の明るさを調整しましょう。

・「アクセシビリティ」→「ズーム機能」の項目をオンに
・さらに「コントローラを表示」の項目もオンにします
・iPhoneの画面上に、コントローラが表示されますのでそれをタップし、「フィルタを選択」へ
・「低照度」にチェックを入れ、「コントローラを表示」の項目をオフにしましょう
・その下にあるの「ズーム領域」へ入り「フルスクリーンズーム」にチェック
・「アクセシビリティ」に戻って、最下部にある「ショートカット」から「ズーム機能」にチェックを入れれば完了です

これで先ほどと同じく、ホームボタンを3回押せば低照度を使う事が出来ます。

低照度でiPhoneの画面の明るさを軽減すれば、ブルーライトカットのフィルター効果も期待出来ますね! こちらも合わせて設定しておく事をおすすめします。

iPhoneから視力を守る、ブルーライト対策方法まとめ!

ブルーライトカット効果のあるメガネや、iPhoneの画面を守る保護フィルタ。iPhone専用のブラウザアプリや、iPhone本体の設定での対策。

いくつかの対策方法をご紹介してみましたが、どれも簡単に導入できそうですよね。

iPhoneを更に快適に使うためにも、ここで紹介したものを、出来るだけ多く取り入れてみてくださいね!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る