トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの電源が頻繁に落ちる原因と対策まとめ
iPhoneの電源が頻繁に落ちる原因と対策まとめ
更新
まとめ・説明書

iPhoneの電源が頻繁に落ちる原因と対策まとめ

iPhoneの電源が頻繁に落ちる原因と対策まとめ

私のiPhone、寿命ですか?

ふと気づくとiPhoneの電源が落ちる……iPhoneを使っていると突然電源が落ち画面が真っ暗に……。

iPhoneのバッテリーの残り残量は十分にあるはずなのにどうして電源が落ちるの? こんな不可解なトラブルが多発する事ありませんか?

他にも、
・iPhoneを使用していたら突然再起動されてしまう
・アプリの起動中やiPhoneのホーム画面が突然黒い画面になる

こんな現象も増えてきていると要注意です。

この症状、放置しておくとあまりよろしくないようです。この症状が出始めるとiPhoneの電源が一度落ちたが最後……電源ボタンを押してもうんともすんとも動かない状態になって電源が入らない事も。

これは困りものです。iPhoneのトラブルには困った時の再起動!……なんですが、iPhoneの電源がつかないとなるとそうはいきません。

え、これってiPhone故障した?? 修理に出すしかない?まあまあ、落ち着いて下さい。

今日はそんなiPhoneの電源が頻繁に落ちる、落ちるとiPhoneの電源が入らないと言うトラブルの原因とその対処法についてお送りいたします。

簡単な対処法からやってみよう!

iPhoneの電源が落ちる、iPhoneの電源が入らない等の原因とその対応策を調べて行くと色々な原因と要因が見えてきます。

そこでまずは簡単な対処法からご紹介してみようと思います。

iPhoneをリセットしてみよう!

困った時の再起動的なものでiPhoneを「リセット」して復元してみると改善される事があるようです。

iPhoneの「設定」→「一般」→「リセット」→上から2番目にある「全てのコンテンツと設定を消去」上記が済んだらiTunesにiPhoneを繋いで復元を試みて下さい

とりあえずこれでiPhoneの電源が頻繁に落ちる等の現象は改善されるのではないでしょうか? しかし、実はこれ……あくまでも簡易的な対処方法なんですよね……。

でもまあiPhoneの電源が落ちるとかのように調子悪い時は初期化してみたりするのは一つの手ではないでしょうか。

本格的な改善方法を求めて、iPhoneの電源がなぜ頻繁に落ちるのかを考える

iPhoneの電源がなぜ頻繁に落ちるのか、その原因は大きく2つあるようです。

・iPhoneのバッテリーの劣化・消耗
・iPhoneのメモリ不足

お使いのiPhoneはどれぐらいお使いですか? 1年近くになってくるとiPhoneのバッテリーもかなり消耗してくるようです。下手するとバッテリーの交換をしないといけない可能性も出てきます。

iPhoneって結構お高いのに1年ぐらいでガタがくるってびっくりですよね……でもこれはiPhoneだけに限らずなんです。

バッテリーは1年を過ぎたぐらいからガタッと機能が低下するものなんです。もちろん使い方次第ではもっと長く使える事もあります。

そんな訳でiPhoneの電源が頻繁に落ちるようになったら以下の事を試してみて下さい。

最低でも月に1度はiPhoneのバッテリーを使い切る

過充電はバッテリーにはかなりの悪影響です。

ついついバッテリーの残量が少なくなると早めに充電してしまう事ってありませんか? でもバッテリーの寿命充電回数が400回程度だと言う事を皆さんあまりご存知ないようですね

1日1回充電した場合、1年で365回。400回と言うのは1年と1ヶ月となります。

ちょくちょく充電してるとこんな回数あっという間に達してしまいますね。なのでバッテリーの寿命を少しでも伸ばすためにも、定期的にiPhoneの充電を空にしてフル充電をするようにして下さい。

アプリの干渉を絶つ!

メモリ不足が原因でiPhoneの電源が落ちてしまうトラブルについての対処法をご紹介します。

ホームボタンを長押ししてもバックグラウンドで活動し続けるアプリも結構あるんです。そんなアプリが寝てる間にも延々と動き続けてたら……なので寝るときにでも終了してるか確認する癖をつけると良いかもしれませんね。

バックグラウンドで活動するアプリの切り方

iPhoneのホームボタンを6秒間長押しし、表示されたアプリを一つずつ消していきましょう。全て消す事が出来れば完了です。

それでもメモリ不足でiPhoneが固まってしまい勝手に電源が落ちる事もあります。そんな時は別の方法で不要なアプリを削除したり、強制終了させましょう。

不要なアプリの消し方は以下の通りです。

・「スリープ/スリープ解除」のボタンで電源がOFFになっているかの確認をし、赤色のスライドバーが出るまで長押して下さい
・赤色のスライドバーが表示されたら「スリープ/スリープ解除」のボタンを離しましょう
・赤色のスライドバーはそのままで「ホーム」ボタンを6秒間長押しすればOKです

またはiPhoneの電源をオン・オフする事でもiPhoneのアプリの強制終了が可能です。

・iPhoneの真ん中にあるスリープボタンを長押しし、iPhoneの電源オフをするスライダーが出るので右に動かして下さい。

これでアプリを強制終了できますので、強制終了できたのを確認したらホーム画面に戻って完了です。

iPhoneの電源が落ちてしまう原因は、他にもまだまだあります。次からは、iPhoneの電源が落ちる時に考えられる別の原因を詳しく説明していきます。

iPhoneの電源切れないんだけど!

iPhoneの電源が頻繁に落ちる症状と似たもので「電源が切れない!」と言う事もあるようです。iPhoneの電源にまつわるトラブル……多いんですね……

この症状は1分おきにロック画面と再起動を延々と電源が切れるまで繰り返すようです。

こうなると電源を切る事は出来ない、ホームボタンは無反応……これも困った!対応策としてはやはり初期化、復元となるようですがかなり面倒な作業を要するみたいです。

こんなトラブルに見舞われないために、日ごろから心がけておきたい事をまとめてみました。

・iTunesバックアップを定期的に取って不要なものは削除する
・バッテリーの交換時期かもしれないのでバッテリーの交換をする
・iPhoneの空き容量が常に余裕があるよう心がける

これで容量不足やバッテリーの消耗による電源オフからの再起動を繰り返すトラブルからは回避できると思います。

iPhoneの電源が落ちるバグ?!

ここまでで挙げてきたとおりiPhoneの電源が落ちる、電源がつかない等のトラブルの多くはバッテリーやメモリ不足が原因と考えられます。

しかし調べて行くうちに驚く結果が飛び込んできたのです……。

・iOS7でバグでiPhoneの電源が落ちると言う現象が報告されていたようです

バグでiPhoneの電源が落ちる方の症状は充電がまだ30%近くあるにもかかわらず消費する前に急に電源が落ちるという現象のようです。どうしてバグだと判明したかと言うと、購入したばかりのiPhoneでこの現象が起こったからです。

このトラブルに関してはすぐに対応がなされていますのでアップデートすれば解決するようです。もしかして……? と心当たりのある方はアップデートしてみて下さいね。

iPhoneの電源が頻繁に落ちる原因と対策まとめ

iPhoneの電源が頻繁に落ちた場合の原因と対策……やはり一番の原因要素となるのはバッテリーのようですね。

何もしていないスリーブ状態なのにiPhone本体やバッテリーが熱いなんて事が頻繁に起こる場合も要注意です。こんな時も不要なアプリを削除したり強制終了させたり、復元や初期化をしてみたりする必要があります。

治し方は色々とありますし、対応策もあります。なので焦らず対処していきましょう。

日ごろからバッテリーの使用状況を確認する事で寿命も延びるようです。再度購入するとなると中々の金額ですからご紹介したやり方を試して頂いてバッテリーを一日でも長く使って欲しいものです。

以上、iPhoneの電源が頻繁に落ちる原因と対策まとめをお送りいたしました!

iPhoneの電源が入らない時に試すべき事まとめ

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る