トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneに気泡が入ってしまう件を何とかしたい
iPhoneに気泡が入ってしまう件を何とかしたい
更新
まとめ・説明書

iPhoneに気泡が入ってしまう件を何とかしたい

iPhoneに気泡が入ってしまう件を何とかしたい

あぁ、また失敗してしまったry

こんにちは! Applisionです!

iPhoneを購入した後、一番神経を使うのは実はこれなんじゃないかと思う今日この頃。皆様、iPhoneの画面を守る保護シールを貼る時に気泡が入らないよう苦戦したことはありませんか?

一生懸命頑張っても気泡が入ってしまう事ってありますよね。あれ、地味にへこむんですよ……。

貼る時にも苦戦するのに、iPhoneを使用しているうちにふと気づくと気泡が入っている……これもiPhoneあるあるですよね。

今日はそんな、最初だけが肝心ではないiPhoneの保護シールに入ってしまった気泡の取り方をご紹介してまいりましょう♪

知ってましたか?iPhoneに入る気泡には種類がある事を

iPhoneの液晶フィルムに入った気泡は2種類存在します。さあ、今すぐあなたのiPhoneをチェックして見て下さいね。

1)取る事が出来る気泡
保護フィルムを張る時や、使用しているうちに空気が入ってしまっただけの状態の気泡。

この状態で発生した気泡であれば圧迫すれば空気を外に追い出すことが可能です。安心してください、取れますよ~~!

2)取る事のできない気泡
保護フィルムの中、液晶画面の上に微量の埃がついてしまいその周りに出来てしまった気泡。

この気泡は残念ながら圧迫しても外に出す事はできません。諦めて液晶フィルムを張り替えるしか方法は無いです。

入ってしまった気泡の抜き方

貼る前にきちんと画面をマイクロファイバーの液晶画面専用のクロスで拭いておく等の対策をとっても入ってしまった気泡。そのにっくき気泡ちゃんの取り方をご紹介しましょう。

これに関してはいたって簡単。
先ほどご紹介した「取る事が出来る気泡」の場合は、気泡の部分に指を置いてぐぐっと押し、その気泡をフィルムの外まで押し出すだけです。

もし今から画面フィルムを貼るのであればこんな方法をやってみてはいかがでしょう?

用意するのはセロテープ!「取れない気泡」の取り方!

これは私が以前お店の方に保護フィルムを貼ってもらった方法で、見た時は「おおおっ!」と目からウロコが落ちそうになりました。

用意するのは2~3センチぐらいに切り取ったセロハンテープ、それだけです。

用意したセロテープを保護フィルムの中に入った気泡に一番近い四隅の角にぺたっと張り付けて、ゆっくりとセロテープを引っ張りフィルムを浮かせます。保護フィルムが浮かないよ!と言う方はセロテープをぎゅっと圧着させてもう一度試してみてくださいね。

もう一枚のセロテープのテープ面をくっつけて、フィルムについてしまった埃をセロテープに移します。気泡が入ってしまっている場合は隅に貼ったセロテープで気泡のある所までフィルムを引き上げてしまいましょう。

この方法で埃と気泡を取り除くことが出来るんです。

ただし、指紋だけはだめです。強力助っ人、セロテープでもどうする事も出来ませんので指や手が保護フィルムに触れないようにくれぐれも注意してくださいね。

iPhoneに気泡が入ってしまう件を何とかしよう!

セロテープでのやり方、お分かりいただけましたでしょうか? 準備も簡単、手順も簡単、ちょっと時間はかかるかもしれませんが落ち着いてやれば大丈夫!

気泡を入れない為にも手を抜かず、落ち着いて時間のある時にゆっくりと。まぁ、これが鉄板でしょう。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る