トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > 新しいiPhoneへのデータ移行についてアレコレ
新しいiPhoneへのデータ移行についてアレコレ
更新
まとめ・説明書

新しいiPhoneへのデータ移行についてアレコレ

移行準備完了!

こんにちは! Applisionです!

新しいiPhoneを購入したら以前使っていた古いiPhoneからデータを移行しなくてはいけません。

でもiPhoneへのデータ移行ってなんだか面倒なイメージがしますよね、だけどせっかく買った新しいiPhoneを快適に使うためにも移行作業は不可欠。

そんな訳で、今日は新しく手に入れたiPhoneへのデータの移行方法をご紹介いたします♪

iPhoneへデータを移行する方法

今まで使っていた古いiPhoneから新しく入手したiPhoneへのデータ移行方法は大きく分けて2通り。

1.iTunesを使って古いiPhoneから新しいiPhoneへデータを移行する
2.iCloudを使って古いiPhoneから新しいiPhoneへデータを移行する

思ってるより簡単に古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを移行する事が出来るので安心してください♪

それでは順番に移行する方法ををご紹介してみましょう。

iTunesを使って古いiPhoneから新しいiPhoneへデータを移行する

iTunesを使ってのデータを移行は下記に対応します

・メールアカウント
・アドレス帳
・カレンダー
・ボイスメモ
・ミュージック
・ビデオ
・写真
・MobileMe
・メモ
・着信音
・LINE

iTunesが最新のバージョンになっている事を確認してから移行開始しましょう。USBケーブルでパソコンに以前使っていたiPhoneを接続し下記の通り作業を進めてください。

「このコンピュータ」にチェック→「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェック→「今すぐバックアップ」

この時「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れておいてください。この工程を忘れるとパスワードやLINEのトーク履歴が復元できないので要注意。

バックアップを取ってあるLINEのアカウントや「友だち」「グループ」「トーク履歴」等のデータを復元するには必ずこの「バックアップの暗号化」機能を使う事となります。

ここまでのiPhoneの移行作業が上手く進めば「iPhoneを復元」に入りましょう。「iPhoneを復元」に入る前に、必ずiPhoneの「iPhoneを探す」の項目をオフにしておいてください。

「設定」→「iCloud」→「iPhoneを探す」でオフにできます。

新しい方のiPhoneのコントロールパネルで「バックアップを復元」を選択し、古いiPhoneのバックアップファイルを選択すると新しいiPhoneに復元する事が出来ます。

これでiTunesを使ってのiPhoneの移行作業は完了です。

iCloudを使って古いiPhoneから新しいiPhoneへデータを移行する

手順です。

・iCloudへサインイン→「ストレージとバックアップ」を選択
・「iCloudバックアップ」をオンにして「OK」を選択
・「今すぐバックアップを作成」を選択するとバックアップが開始します

バックアップが無事終了すれば移行作業の開始です。

言語表示で「日本語」を選択し「アクティベーション方法」を選択します。位置情報サービスを選択し「iCloudバックアップで復元」を押しApple ID とパスワードを入力。

これで移行作業は完了です。

PCなしと言う環境での移行作業を希望される方はこのiCloudを使っての移行作業となります。しかしiPhone単体での移行作業には注意点があります。

この方法をだとiPhoneのカメラロールにあるデータが消えたりする事があります。それを防ぐにはやはりパソコン経由でのバックアップをお勧めいたします。

iPhoneを機種変更する時の注意点

機種変更後に必ずやる事と言えばメールの設定。

・ソフトバンク→@i.softbank.jp
・au→@ezweb.ne.jp
・NTTドコモ→@docomo.ne.jp

上記のメールアドレスが機種変更したら利用できなくなった! そんな時は再度メールの設定する必要があります。

詳しい手順については各キャリアのサイトよりご確認ください。

ソフトバンクモバイル

au

NTTドコモ

なおauの電話帳のバックアップのみFriends Noteと言うアプリを使わないと復元する事が出来ません。

ちなみにAndroidからiPhone 6にデータで電話帳データを移行する方法もご紹介します。

Androidの「設定」から「Google」を選択し「アカウント」をタップ、「連絡先」にチェックがついていたら、そのまま電話帳がGoogleアカウントに同期されています。

次にiPhone 6の「設定」から「メール/連絡先/カレンダー」を選択し「アカウントを追加」

お持ちのGoogleアカウントでサインインして「連絡先」をオンにすれば、アドレス帳がiPhone 6に同期されます。

使ってたアプリの移行はどうなるの?

ここまでご紹介した移行作業でアプリ本体のデータ移行は可能ですが、アプリによっては使っているアプリデータや友だちリスト等は移行されない場合もあります。

可能であれば移行作業の前にご使用されているアプリの公式サイト等で確認する事をおススメします。

まとめ

新しいiPhoneへのデータ移行についてアレコレについてまとめてみましたがいかがでしたか?

移行するとなると面倒な手間が多くあるように感じますが、実際は一つ一つは凄く簡単ですぐ出来る事ばかりです。順番に進めて行けばあっという間に終了しますので、頑張ってくださいね!

AndroidからiPhoneへのデータ移行方法まとめ

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る