トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの赤外線通信を使いこなそう!使い方教えます
iPhoneの赤外線通信を使いこなそう!使い方教えます
更新
まとめ・説明書

iPhoneの赤外線通信を使いこなそう!使い方教えます

iPhoneの赤外線通信を使いこなそう!使い方教えます

何でiphoneには赤外線通信がないのか?

こんにちは! Applisionです!

iphoneには赤外線はありません。しかしiphoneには赤外線通信同様の機能がありますから、赤外線通信が行えなくても赤外線通信のようにやり取りを行う事が可能です。

今日はそんな赤外線通信的なやりとりの方法を一緒にまとめていきましょう。

iphoneには赤外線がない理由

先ほども言いましたが、iphoneには赤外線機能はついていません。

何故なら、赤外線通信というのは、世界中ではそれほどメジャーな機能ではなかった為です。

・日本では赤外線通信を行う事でメールアドレスの交換を行う事が多かったのですが、海外では電話番号の交換が一般的だったため、赤外線での通信機能が重視されていなかったのです

初代から6plusにおいても搭載されていない機能ですから、今後もiphoneに赤外線は搭載されないのではないかと予想されています。

iphoneの赤外線、AirDropとは?

iphoneには確かに赤外線機能はついていません。しかし、赤外線通信に代わる機能はついています。

その為、赤外線がなくても不便に感じる事はないでしょう。赤外線に代わる機能というのが「AirDrop」です。これが近くにいる方と写真やビデオ、連絡先を交換できる機能の事です。

従来の赤外線機能とほとんど機能内容は変わりません。

AirDropの使い方
1. 互いのiphoneのコントロールセンターから「AirDrop」をオンにしてください。
2. オンにする際に「連絡先」または「全員」を選択する事になりますが、すでに登録された端末の場合は「連絡先」を、そうでない場合は「全員」を選択するようにします。
3. 端末が検知されたら、共有したい情報を送受信可能になりますので、ファイルを選択し検知した端末までファイルをドロップしてください。
4. 受信者はファイルを「受け取る」か「辞退する」かを選択できますので、タップして選択します。

※AirDropは通信にwi-fiまたはbuletoothを利用します。

次からは、iphoneで赤外線対応のコピー機を利用する方法を詳しく説明していきます。

iphoneで赤外線対応のコピー機を利用する方法

セブンイレブン等に設置されているコピー機は赤外線対応になっていますが、iphoneは赤外線に対応していないので、そのままでは利用するのが不便です。

赤外線対応のコピー機を利用するのであれば、赤外線アプリをダウンロードしましょう、しかし、ダウンロードしただけではiphoneは赤外線に対応していないので、赤外線を利用する事は出来ません。

赤外線専用のアダプタが必要です。

アダプタを利用すれば赤外線アプリを利用する事により写真を印刷できるようになります。また赤外線対応のプリンターでも、簡単に写真を印刷できるようになります。

赤外線アプリは無料のものありますが、専用アダプタを購入する必要がありますので、iphoneで赤外線通信を行うためには、無料で行えるものではありません。

・アプリがありますので、それだけで利用できると誤解している方も多いですが、iphoneには元々機能がない為、外付けでアダプタを購入する必要があります

その為、プリンターの利用等、赤外線のみでしか対応していない場合を除き、AirDropを利用するのが一般的です。

代替とは言え、AirDropは赤外線通信で行っていた電話帳の連絡先の交換や自分のアドレスの送信、画像の送受信等すべて対応しています。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る