トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの電源(画面)がつかない場合に考えられる原因
iPhoneの電源(画面)がつかない場合に考えられる原因
更新
まとめ・説明書

iPhoneの電源(画面)がつかない場合に考えられる原因

私のiphoneブラックアウト

iPhoneの電源(画面)がつかない場合に考えられる原因

こんにちは、Applisionです、iphoneの電源がいきなりつかなくなったら、焦りますよね?

iphoneの電源がつかなくなってしまった場合にはいくつかの原因が考えられますので、今日はそれぞれの原因と対策についてまとめていきます。

iphoneの電源がつかない場合に最初にすべき事は?

iphoneの電源がつかなくなってしまった場合、まずは充電が十分であったかを確認してください。

画面がつかないので、正確な充電内容はわかりませんが、最後に充電した時間や最後に残量を確認した時間を思い出しましょう。当然の事ではありますが、充電がなければ画面はつきません。

また充電がなくなり、充電を開始した直後は画面がつきません。

充電切れにより画面が付かない場合は、充電を開始してから画面が付くまでおよそ10分かかりますので注意してください。

水没や衝撃によって電源が入らない場合

iphoneは水や衝撃に弱いです、落下させてしまったり水没させてしまったりする事で電源が入らなくなってしまう事があります。

水没や落下により画面が付かなくなった場合は、修理に出す必要があります。

しかし、その前にデータを移行する時間だけでも電源を入れたいと思う人も多いでしょう。

水没した場合はしっかりと自然乾燥させ、落下した場合は本体の熱が無くなるまで放置し、電源を入れてみてください。一時的に画面が付く事があります。

しかしこれは一時的なものですし、一見直ったように見えても内部は損傷していますから一刻も早く修理を依頼してください。

上記で説明したシチュエーションに当てはまらない場合の対処法を、次から詳しく説明していきます。

突然電源が入らなくなったら

水没も落下もしていないのに、電源が入らなくなってしまったという場合は再起動させてあげてください。

まずはホーム画面を押し、画面が表示されないのかを確認します。続いて、スリープモードに切り替わっていないかどうかを調べます。

スリープ解除ボタンを押しても反応がない場合、やはり電源が落ちているのでしょう。再起動しても反応のない場合は、iphoneをリセットしましょう。

リセットの手順
1. Appleのリンゴマークが表示されるまでスリープボタンとホームボタンを長押しします。

※リセットはあくまでも最終手段ですので、再起動で起動できるかどうかをまずは確認してください。リセットでも画面が付かない場合は修理が必要です。

起動中に突然画面が落ちてしまった場合

この場合は、画面が固まったままでも画面がつかなくなってしまった場合であっても再起動してみましょう。

赤や青の画面が表示される事もあります。起動中に突然落ちたり固まってしまう場合は、故障が疑われます。リカバリモードに切り替え、データを移行し修理を依頼しましょう。

リカバリー手順
1. 電源を切る
2. iTurnsのインストールされているパソコンとiphoneをつなぎますが、この時iphoneのホームボタンを押し続けてください。
3. iphoneにiTurns接続と表示されるまでホームボタンを押し続けてください。
4. デバイスに情報が表示されますのでicouldによってデータを移行しましょう。

iphoneでは突然画面が付かなくなるトラブルがありますが、これらは再起動によって解決できるものがほとんどです。

しかし水没や衝撃がある場合や、再起動でも復活しない場合は故障が考えられますので修理を依頼してください。

これらの対処法はiphoneのカメラのライトに関するトラブルに関しても応用できます。カメラのライトがつかなかったり、懐中電灯がつかない場合には同様に対処してみてください。

カメラのライトが点かず、再起動しても回復しない場合はリセットを行い、また最終的には修理を依頼しましょう。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る