iPhoneの画面を設定以上に暗くする方法

iphoneの画面を暗くする一般的な方法

iPhoneの画面を設定以上に暗くする方法

iphoneの画面は初期設定よりも暗くする事が可能です。今日はiphoneの画面の明るさを変更し、画面を暗くする方法を解説します。

1.「設定」から「画面表示と明るさ」を選択します。

2.スライダーが表示されますので、好きな明るさに調節できます。

3.「明るさの自動調節」がオンになっていると環境に合わせて画面の明るさが変化してしまうのでオフにして、完了です。

iphoneの画面をより暗くする方法

iphoneの画面を明るさの設定から一番暗いものに設定しても、まだまだ明るすぎると感じてしまう事もあるでしょう。

特に暗い部屋で利用する場合等は、照明が強く感じてしまいます。その場合は、アプリを利用してさらに画面を暗く変更する事が出来ます。

アプリを利用すれば画面を設定以上に暗く出来ますし、非常に簡単です。また、設定は多少複雑にはなりますが、iphoneの設定によって画面を暗くする事も出来ます。

アプリを利用して暗くする方法

iphoneには様々なアプリがありますが、Darowser 等の、画面を暗くするアプリもあるようです。

このアプリでは一般的な設定よりも画面を暗くする事が出来ます。

無料の為、広告が表示されてしまいますが使い方次第では便利に利用できるものです。

ブラウザのみ対応ですので、写真の閲覧やメールの編集時には明るさを設定できません。アプリによって明るさを変更できるものはブラウザへの対応のみになっています。

ズーム機能の設定を利用して画面を暗くする方法

一般的に画面を暗くする方法は「画面表示と明るさ」で設定を行いますが、より暗くする場合には「ズーム機能」の設定を変更します。

1.「設定」から「一般」を開き「アクセシビリティ」の中の「ズーム機能」を開きます。

2.「ズーム機能」をオンに設定後、「コントローラー」を開きます。

3.ズームの種類を「フルスクリーンズーム」、ズーム度は最低に設定します。

4.コントローラー内にある「フィルタを選択」を開きます。

5.「低照度」を選択してください。※1

6.その後「アクセシビリティ」に戻り、「ショートカット」を選択します。

7.「ショートカット」をオンにし、種類を「ズーム機能」に設定します。

これにより、ホームボタンを3回連続でクリックするとショートカットが適用され、画面の表示が暗く切り替わります。

設定は少々複雑ではありますが、この方法を利用する事によって時間も掛からずポンと画面を暗くする事が出来ます。

※1 低照度を選択した瞬間に画面が暗く切り替わります。

iPhoneの画面設定のまとめ

iphoneの画面を設定以上暗くするためにはこのようにひと手間必要になりますが、一度設定してしまえば簡単に利用できるようになるのでおすすめです。

また画面を暗くする事により消費電力も抑えられるのもうれしいですね。

途中で設定がうまくいかなくなってしまっても焦る必要はありません。リセットする事で最初からやり直しが出来るので、画面が暗くなりすぎてしまったり、標準に戻したいと思った場合でも、簡単にやり直す事が出来ます。

是非お試しあれー!

iPhoneアプリ・iPadアプリの前後記事

omochi
この記事のライター 『omochi』

Applision編集長のomochiです。
「iPhoneの画面を設定以上に暗くする方法」記事は満足いただけましたか?
他にも人気のおすすめアプリまとめ まとめ・説明書を多数おすすめしています。 是非、Google+やtwitter、facebookでフォローお願いします!

合わせて読みたい!関連記事のご紹介