トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > 【iPhone】写真は削除しても残る!? 最近削除した項目とは
【iPhone】写真は削除しても残る!? 最近削除した項目とは
更新
まとめ・説明書

【iPhone】写真は削除しても残る!? 最近削除した項目とは

iPhoneで最近削除した項目が消えていない場合の対処法

【iPhone】写真は削除しても残る!? 最近削除した項目とは

iphoneは日々進化していきますが、ios8から「最近削除した項目」が登場しました。ここでは「最近削除した項目」について解説していきます。

最近削除した項目とは?

ios8からiphoneのアルバムの中に「最近削除した項目」が追加されました。
今までiphoneで写真を消す際には、写真をタップし削除するという非常にシンプルなものでしたが、シンプルが故に誤って写真を削除してしまうことも多くありました。

そのため、削除した写真を一時的に保存しておくファイルとして「最近削除した項目」が登場したのです。

パソコンで言うところのごみ箱のようなものです。写真は「最近削除した項目」に移動するだけですので、データの容量に変化はありません。

「最近削除した項目」内にある写真は30日で自動的に完全に削除されますが、自分で削除してしまうことも可能です。また、30日以内であれば写真を復活することも出来ます。

最近削除した項目を一括で削除する方法

「最近削除した項目」内に移動された写真は移動日から30日後に自動的に削除される仕組みになっています。

この自動的な完全削除の日数は今のところ変更できません。30日より前に完全に削除したい場合は、手動で行う必要があるのです。もちろん、一括削除することも出来ますので南進してください。

1.「写真」から「最近削除した項目」を開きます。
2.右上にある「選択」から削除したい写真を選びます。
3.左下にある「削除」にて一括で完全に削除することができます。

削除してしまった写真を復元する方法

ios8以前では、誤って削除してしまった写真を復元することは出来ませんでしたが、ios8では削除後30日以内であれば復元することが出来るようになりました。

復元方法と聞くと複雑な操作を想像してしまいがちですが、至って簡単に行うことが出来ます。

1.「写真」から「最近削除した項目」を開きます。
2.右上にある「選択」から復元したい写真を選びます。
3.右下にある「復元」を選択します。

※写真を復元する方法は、写真を完全に削除する方法と操作が似ていますから、確認をしっかり行いながら操作していきましょう。完全に削除してしまった写真は、復元することが出来ないので細心の注意が必要です。

「最近削除した項目」のオフ

「最近削除した項目」は非常に便利な機能ではありますが、1度の操作でサクサクと削除したいと感じている人にとっては消したい機能ですよね。

しかし、iphone本体からこの機能を削除したりオフにしたりすることは出来ないことが分かっています。それでも消す方法が完全にないわけではありません。「最近削除した項目」を表示しないためのアプリがいくつか存在しています。

この機能が邪魔であると感じているのであれば、利用してみるのもいいでしょう。このようなアプリがいくつかあるということは、この機能をいらないと感じている人も多いことが伺えますね。

せっかくのiphoneですから、自分の利用しやすいものにしていきましょう。

iPhoneの写真を誤って削除した時の復元方法

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る