トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの2年契約を解約したい人の注意点
iPhoneの2年契約を解約したい人の注意点
更新
まとめ・説明書

iPhoneの2年契約を解約したい人の注意点

違約金が発生する?iphoneの2年契約とは

iPhoneの2年契約を解約したい人の注意点

皆さん、2年契約という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?2年契約とはiphoneを販売しているキャリアによる契約の方法です。

キャリアによりそれぞれ異なる部分がありますが、簡単に言えば2年間利用する約束で本体を2年かけて分割で購入するというもので、一括で購入するよりも安くなるというものです。

これにより2年間はそのキャリアを利用し続けることになりますので、2年縛りと呼ばれることもあります。

違約金や解約金とは

2年契約では2年間同じ携帯電話を利用することによって分割支払いが出来、それにより適用される割引があります。その代わり、2年間は必ず利用しなければならない契約になっています。

そのため契約から2年経過しないうちに契約内容の変更や解約をするためには、違約金が必要となります。

これは2年契約をする際に必ず説明されることですが、契約前にしっかり確認しておくべき内容でもあります。

・違約金または解約金が必要になるケース
更新月以外の解約時
契約期間内の機種変更や他社への乗り換え
途中解約

気を付けなければいけないのが2年契約の自動更新です。2年契約では2年間利用すればその後自由に契約内容の変更や解約が出来ると思ってしまいがちです。しかし2年契約は自動更新されるのです。

つまり、2年の契約終了月に解約しなければ、自動更新されてしまうため2年過ぎても自由に解約することが出来ないのです!

2年契約の更新月のキャリア別の確認方法

購入月がそのまま更新月になりますが、自分がいつiphoneを購入したのかどうかは2年の間にわからなくなってしまいますよね。

ドコモ、ソフトバンク、auではそれぞれ、更新月を確認できるようになっています。

docomoでの確認方法
・Mydocomoにて常時確認可能

Softbankでの確認方法
・My SoftBankにて常時確認可能
・更新月をメールでお知らせしてくれる機能有り

auでの確認方法
・auお客様サポートにて常時確認可能

次からは、キャリア別に2年契約の内容について詳しくご説明していきます。

キャリア別の2年契約の内容について

docomoの場合
docomoのiphoneの2年契約では更新月以外の契約の解除では、9500円の違約金が発生します。

機種変更には違約金は発生しませんが、本体価格の支払が残っている場合、一括で本体の料金を支払う必要があり、月々サポートが受けられなくなることもあります。

そのため2年契約を解除する場合は、本体価格の支払いが終了する2年後がおすすめです。これはiphoneだけではなく、他のスマホの場合でも同じです。

Softbankの場合
Sohutobankの場合、2年契約では更新月以外の契約の解除には9500円の違約金が発生します。

これは日割り計算されませんので1日に解約した場合でも30日に解約した場合でも一律で9500円支払う必要があります。

機種変更を行う場合には解約料は必要ありません。

auの場合
auにiphoneを2年契約で購入すると、更新月以外の契約の解除には9500円の違約金の支払い義務が生じます。

ただしauに加入し11年目を迎えている場合は解約料は3000円になります。

また契約解除に関する費用をauポイントで支払うことは出来ませんので注意が必要です。

このように2年契約の解除料は3キャリアとも一律で9500円になっています。しかし、少しづつ内容が異なる部分がありますので注意が必要です。

解約または機種変更を考えている場合は、各キャリアに相談窓口がありますから、相談してみましょう!どのキャリアも解約または機種変更に対するお問い合わせを受け入れています。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る