トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneで動画が見れない原因教えます
iPhoneで動画が見れない原因教えます
更新
まとめ・説明書

iPhoneで動画が見れない原因教えます

いろんな原因がある?iphoneで動画が見れない時の対処法!

iPhoneで動画が見れない原因教えます

iphoneを利用していて動画を見ることが出来ない原因はいくつか考えられます。原因さえ分かれば解決方法は難しくありませんから、問題点をチェックしていきましょう。

動画が見られない時に最初に行うべきこと

iphoneで動画を見られなくなるトラブルが多くなっています。

iphoneで動画が見られない原因は様々ですが、それが故障に直結しているわけではない場合が多いです。その原因を突き止めるためにもまずはiphoneの電源を切りましょう。

再起動させてから、次の方法を行ってください。

1. 設定からsafariを開きます。
2. 「cookieのデータを消去」を開きデータを消去します。

※cookieを削除することで履歴が消去され、ログイン時にパスワードの省略の設定を行っている場合も消えてしまいますので注意してくださいね。

iphoneは小さなパソコンだと思って貰えればわかりやすいですが、履歴や情報が溜まってしまうと処理速度が遅くなってしまい、動画の読み込みも出来なくなってしまうことがあります。

cookieのデータを消去することで処理速度を高めると、動画も読み込めるようになります。

Flashに問題がある場合や埋め込み動画が見られなくなっている場合も電源を切り、データを消去することで動画が見られるようになることが多いです。

回線が原因で動画が見られない場合

youtubeをはじめとしたネットにある動画が見られない場合は回線が原因であることが多いです。

回線がつながっていても、回線の速度によって動画が読み込めなくなることがあります。このような場合は動画が度切れ途切れに再生されることもあるようです。

インターネット上にある動画を見る場合は回線が繋がっている必要があります。iphoneの回線は3GまたはLTEです。3GよりもLTE回線の方が高速度になっていますので、動画を見るのに適しています。

しかし、LTEは高速度ですが動画の種類によってはスピードが追いつかず読み込めないこともあります。iphoneで動画を安定してみる場合はWiFiを利用するのが1番です。

iPhoneで動画が見れない原因はまだまだあります。次から、更に詳しくiPhoneで動画が見れない時の対処法をご説明していきます。

データの通信制限を超えた場合

iphoneのキャリアによって上限は異なりますが、通信上限を超えてしまうと処理速度が遅くなり、動画を読み込めなくなることがあります。契約時に1か月のパケット上限を設定しているはずですので、まずは確認してみましょう。

動画を見ると通信量が多くなりますので、出来るかぎりWifiを利用しましょう。

データの通信制限を超えてしまった場合でも時間をかければ動画が読み込めることもありますが、基本的には通信制限の上限枠を買い取必要があります。

※Facebookやline上の動画でも、通信制限によって読み込めなくなる可能性があります。

動画のファイル形式が問題で動画が見られない場合

普段は動画のファイル形式まで意識していない事が多いですよね。パソコンで見ることができる動画でもファイル形式によってはiphoneで見ることが出来ないことがあります。

ファイル形式が問題で、メールで送信された動画や添付ファイル、撮影した動画が見られないことがあります。これらは動画のファイル形式をmp4に変換することで見られるようになります。

ファイル形式はパソコンを利用することで変換し、dropboxを利用して共有することで見られるようになります。

1. パソコン上に変換ソフトをダウンロードします。※1
2. iphoneではdropboxというアプリをダウンロードしてください。※2
3. dropbox内に見ることのできないファイル形式の動画を保存します。
4. これをパソコン上で変換ソフトを利用し、形式をmp4にし、dropbox内に保存します。これでiphoneで動画を見ることが出来るようになります。

※1 mp4変換ソフトと検索するとたくさんソフトがあります。フリーソフトもありますし有料のものもありますので、自分の好みに合わせてください。
※2 dropboxはパソコンとデータを共有するためのアプリです。dropboxのダウンロードはコチラから

ファイル形式が違うために動画が見られないことはプライベートな利用ではほとんどないでしょう。しかし、覚えておいて損はないです!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る