トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > 紛失したiPhoneを捜索する方法まとめ
紛失したiPhoneを捜索する方法まとめ
更新
まとめ・説明書

紛失したiPhoneを捜索する方法まとめ

iphoneが見つから無い!!そんな時の捜索方法まとめ!

紛失したiPhoneを捜索する方法まとめ

iphoneが見つから無くなった時、みなさんはどうしていますか?大抵の人はiPhoneを紛失をした場合に、まずは自分のiPhoneに電話をかけて探してみると思います。

しかし電源がオフになっている場合や、マナーモードになっている場合はこの方法は使えないですよね。

音が鳴らないように設定されている場合や、盗難されてしまった時のために、「iPhoneを探す」という機能があります。この「iPhoneを探す」機能でiPhoneを捜索する時は、パソコンやiPadを使用します。

ただし以下の条件を満たしている必要がありますので注意ください。

・紛失したiPhoneに「iPhoneを探す」が設定されていること
・紛失したiPhoneが3G・4G・LTE・Wi-fiに接続されている状態であること
・紛失したiPhoneの位置情報サービスがオンになっていること

探す手順は以下のとおりになります。

1.インターネットに接続できるパソコンやiPadから「iCloud.com」へアクセスします。
2.検索するiPhoneで設定したAppleIDとパスワードを入力します。
3.入力したらパスワード入力欄の右側の矢印を選択してサインインします。
4.「iPhoneを探す」を選択します。
5.マップが開いてiPhoneの位置が表示されたら、「すべてのデバイス」を選択します。
6.デバイスの名前を選択します。
7.メニューを選択します。サウンド再生、紛失モード、iPhoneを消去が選択できます。

iPhoneを探す機能のサウンド再生とは?

サウンド再生は、音が聞こえる範囲内でiPhoneのサウンドを再生して見つけることができる機能です。

1.icloud.comにサインインして、「すべてのデバイス」をクリックして、サウンドを再生するデバイスを選択します。
2.デバイスの「情報」ウインドウで「サウンド再生」をクリックします。サウンドが再生された後に、メールが送信されてきます。

iPhoneを探す機能の紛失モードとは?

紛失モードはiPhoneが見つからない場合に、パスコードでiPhoneをロックしてメッセージを表示してiPhoneの所在地を追跡するものです。

auでは「Lookout for au」というアプリを使用して自身でiPhoneを探すことができます。このアプリを使用するには事前設定がされていて、GPS機能がONになっているなどが必要となります。

紛失したiPhoneの「iPhoneを探す」が有効になっていない場合には、iPhoneの位置を確認することはできませんが、データを保護することができます。

1.まずAppleIDのパスワードを変更します。
2.メール、Facebook、TwitterなどiPhone上のその他のインターネットアカウントのパスワードを変更しましょう。
3.次に、警察に紛失届けを出します。シリアル番号の提示を求められることがあります。その時は、製品のパッケージやレシートに記載されたシリアル番号を伝えましょう。
4.最後に、通信事業者に届けを出します。通信事業者はアカウントを無効にして、通話やテキストメッセージ、データ通信を使用できないように手配することができます。

以上、iPhoneが見つからない時の捜索方法でした。どんなに気をつけていてもうっかり置き忘れてしまうこともありますよね。そんな時に焦らないようにしっかり設定しておきましょう!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る