トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneでwebサイトのソース表示をする方法
iPhoneでwebサイトのソース表示をする方法
更新
まとめ・説明書

iPhoneでwebサイトのソース表示をする方法

サイトをどうやって作ってる?iphoneでソース表示する方法

iPhoneでwebサイトのソース表示をする方法

iPhoneネットサーフィンをしている時に、見やすいサイトやカッコいいサイトを見かけて、どうやって作っているのか気になったことはありませんか?

そんな時は、そのサイトのソース(ホームページの元になる文字列)を表示させて中身を覗いてみましょう!

ブックマークレットを使ってソースを表示させる

今回ご紹介する方法は、iPhoneに標準搭載されているブラウザアプリ「safari」を使用します。

1.まずはsafariを起動してください。
2.次に、ソース表示をするためにブックマークレット(ブックマーク)を使用します。
こちらのページを開いてください。「ページを開けません。サーバーが見つかりません。」と表示されますが、そのまま画面下にある四角から上に矢印が出ているアイコンをタップしてください。
3.メニューが表示されますので、「下に追加と書かれた本のマーク」をタップしてください。
4.タイトルが「ページを開けません」になっているので、わかりやすいように「ソース表示」という名前に変更してください。
5.右上の「保存」をタップし、ブックマークを完了してください。
6.元の画面に戻るので下部メニューの「本マーク」>「お気に入り」をタップしお気に入り画面に移動してください。
7.画面右下の「編集」をタップし、先ほど保存した「ソース表示」をタップしてください。
8.タイトルの下に書かれているアドレスをタップし、先頭の「http://a.a/」を削除して完了をタップします。
9.ソースを見たいサイトに移動してください。
10.6.の手順でお気に入りを開き、「ソース表示」をタップしてください。文字だらけの画面が表示されれば成功です。

以上、iPhoneでソースを表示させる手順でした!

この方法を使って憧れのサイトがどうやって作られているのか覗いてみてくださいね!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る