トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPadの動作処理が重い原因と対策まとめ
おすすめ人気記事
更新
まとめ・説明書

iPadの動作処理が重い原因と対策まとめ

処理が遅くてイライラ!ipadが重い時の解決策まとめ!

iPadの動作処理が重い原因と対策まとめ

「iPadやiPad miniの動作処理が遅く、ストレスになっている」「アプリが頻繁に落ちる」「キーボード入力が遅い」「画像処理、動画再生に時間がかかる」などという理由でお困りの方は意外に多いのではないかと思います。

iPhoneやiPadには定期的にiOSのアップデートがあり、このバージョンアップが原因で端末が重くなるということが多いと思いますが、理由はそれだけではありません。

もちろん、古い端末に新しいiOSが対応しきれなくなって重くなることはありますが、今回はアップデート以外で動作処理が重い原因と対策についてまとめてみました。

同時に立ち上げているアプリが多い

iPhone、iPadではアプリをいくつも立ち上げておくことができますが、同時に多くのメモリを必要とするので動作が重くなってしまうことがあります。

バックグラウンドで動いているアプリは、普段からなるべく終了させておくようにしましょう。

<手順>
ホームボタンを2回押すと現在立ち上がっているアプリが表示されます。→ 終了させたいアプリを選び、上へスワイプするとアプリが終了します。

アプリの終了だけでは開放しきれないメモリを開放する

アプリを終了させるとメモリに余裕ができますが、終了させるだけでは開放できない「目に見えないデータ」が蓄積されてしまっていることがあります。

そんなときには「メモリ開放アプリ」を使って、メモリを開放させましょう。

iPadにオススメアプリはこちら。

「iMemoryGraph」 iPadの動作処理が重い原因と対策まとめ

メモリ開放をするには有料になりますが、機能が充実していて評判の良いアプリです。

ダウンロードはこちら→アプリをダウンロードする

関連カテゴリ一覧
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる