トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > LINEのトーク(話)の上手な終わらせ方
LINEのトーク(話)の上手な終わらせ方
更新
まとめ・説明書

LINEのトーク(話)の上手な終わらせ方

終わらせ方がわからない人必見!lineトークの上手なきり方まとめ!

LINEのトーク(話)の上手な終わらせ方

今や欠かせないメッセージツールとなったLINE。チャット形式でメッセージ交換ができるので、まるで会話をしているかのように円滑なコニュニケーションがとれる便利なアプリですよね。

しかし、話が長引くほど、「上手な終わらせ方が分からない」という方も多いようです。

話の相手が上司や先輩、または好きな人だったりするとなおさらのこと。相手に嫌な印象を与えず、気持ちよくトークを終わらせる方法はないのでしょうか?

そこで今回は、LINEトーク(話)の上手な終わらせ方をいくつかご紹介したいと思います。

かわいいスタンプで終わらせる。

LINEといえばスタンプ!これを使わない手はありません。

会話が少し落ち着いたあたりでかわいいスタンプを送ってみましょう。話の終わりを感じさせるようなスタンプを使うといいですね。例えば、かわいい女の子のキャラクターが手を振っているスタンプなんてどうでしょうか。

そんなスタンプが女子から送られてきたら男子が喜びそうですよね。

あらかじめいくつか候補を決めておくといいですね。

次の連絡をにおわせる。

「また連絡するね」や「また明日もLINEしていい?」など、次の連絡をにおわせるメッセージで締めてみましょう。「また連絡したいと思っている」という気持ちが伝わればOK。相手がさみしさを感じることなくトークを終わらせることができるはずです。

「これから○○しなければいけない」

「そろそろお風呂入らなきゃ!」や「次の授業が始まるから」「今から買物に言ってくるね!」など、用事があるフリをしてLINEを終わらせる方法もあります。「本当はもっと話していたい」という気持ちがさりげなく伝わって、相手にも好印象です。

LINEで相手を不快にさせず、トークを終了する方法はまだまだあります。次から更に有用なLINEトークの終わらせ方を説明していますので、是非ご覧になってください。

お礼を伝える

毎日の会話の中でも「今日はありがとうございました」とお礼を言って別れる場面は多いですよね。LINEでも「今日はありがとう」「話せてうれしかった」「お返事ありがとうございました」などお礼のメッセージで締めてみましょう。先輩や上司など目上の方にも使えます。

最終手段!既読にしない。

どうしてもめんどくさくなってしまった時は、寝落ちや次の行動に移ったと見せかけて返信を後回しにしちゃいましょう。

次に時間ができた時に「確認できなくてごめんね」と一言伝えておけば問題ナシ!いくらLINEといえど、いつでも返信できる状況だとは限りません。それで怒っちゃう彼氏や彼女はちょっと問題アリかも!?

以上、LINEのトーク(話)の上手な終わらせ方のご紹介でした!

相手に不快な印象を与えず気持ちのよいコミュニケーションが取れるよう、気遣いを忘れないようにしたいですね。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る