iPhoneストレージとは?不足解消法

コレ以上保存できない!!iphoneのストレージ不足を解消する方法!

iPhoneストレージとは?不足解消法

長年iPhoneを使っていると悩まされる問題。それが「ストレージ不足」です。

ストレージとは、iPhoneのデータを保管しておく倉庫のようなもの。

当然倉庫の広さ(容量)には限りがあるので、毎日の記録のように写真やビデオを撮ったり、好きなだけ音楽をダウンロードしたり、メールを長期間保存していたりすると、意外とすぐにストレージ容量が足りない状況に陥ってしまいます。

ストレージ容量不足になると、いざ写真を撮ろう!と思ったときにできなかったり、撮影した写真を削除しなければならなかったり、アップデートができなかったりするので、普段からストレージの空き容量を確認し、ストレージを管理しておく必要があります。

そこで今回は、iPhoneで使っているデータを減らす方法、またはiPhoneのストレージ不足を解消するための方法をお伝えしたいと思います。

空き容量を確認する。

今使っているiPhoneにどれくらい空き容量があるか確認します。

・iTunesから確認する。
①iTunesとiPhoneをケーブルで接続し、iTunesストアを開きます。
②左上に表示される「iPhoneアイコン」をクリック。
③一番下に、種類別に使っている容量が分かるカラフルなバーが表示されます。

・iPhoneから確認する。
①「設定」→「一般」→「情報」をタップします。
②「容量」と「使用可能」で残りの空き容量を確認できます。
もうひとつの方法は、
①「設定」→「一般」→「使用状況」をタップ
②「ストレージ」に表示されているリストから、それぞれのサイズが確認できます。

iPhoneの空き容量が少ない場合どうしたらいいか、ストレージ不足を解消する方法を、次にご紹介します。

ストレージ不足の解消方法

iPhone内にあるデータを減らし、ストレージの空き容量を確保する方法をいくつかご紹介します。

・写真やビデオはパソコンへバックアップし、iPhoneから削除する。

iPhoneのストレージを占めているものの殆どは写真やビデオの場合が多いです。まずはそれらの整理からはじめましょう。iCloudのフォトストリームを使うと自動的にバックアップがとれるので便利ですよ。

・使っていないアプリを削除する。

試しにダウンロードしただけのものや、最近使用していないアプリは削除しましょう。一度購入したものは、iPhoneから削除しても再ダウンロードできるので安心です。

・聞いていない音楽、見ていない動画、聞き終わったポットキャストを削除する。

長時間にわたる動画や映画、ポットキャストなどは意外と容量を使う項目です。なるべく削除するようにしましょう。こちらも一度購入したものは、iPhoneから削除しても再ダウンロードできます。

・safariのwebデータを削除する

iTunesで空き容量を確認したときに表示される、「その他」の項目。その他とは、safariのwebデータや、Dropboxなどに保存されているデータなどが含まれます。ここをクリーンアップしてみましょう。

手順は、「設定」→「safari」→「詳細」→「webサイトデータ」→「webサイトデータを削除」で完了です。過去に閲覧したサイトのデータが意外と溜まっていることが多いので、サクっと容量を空けるためにおすすめの方法です。

ストレージを購入する


これ以上データを減らせない!という場合は、ストレージ容量を購入して増やすことが出来ます。購入方法は簡単です。

①「設定」→「iCloud」→「容量」→「さらに容量を購入」をタップします。
②容量は20GB、200GB、500GB、1TBから選択できます。プランを選択し「購入する」をタップ。
③パスワードを入力して購入完了です。
※一度アップグレードすると、無料ストレージプランに変更しない限り、毎月料金がかかるのでご注意ください。

以上!iPhoneのストレージ不足解消法法のご紹介でした!

容量不足で泣く泣くデータを削除することなく、普段からきちんと管理しておけるといいですね。あなたのiPhoneライフに役立ててみてください。

iPhoneアプリ・iPadアプリの前後記事

omochi
この記事のライター 『omochi』

Applision編集長のomochiです。
「iPhoneストレージとは?不足解消法」記事は満足いただけましたか?
他にも人気のまとめ・説明書 使い方・お悩みを多数おすすめしています。 是非、Google+やtwitter、facebookでフォローお願いします!

合わせて読みたい!関連記事のご紹介