トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneストレージとは?不足解消法
おすすめ人気記事
更新
まとめ・説明書

iPhoneストレージとは?不足解消法

コレ以上保存できない!!iphoneのストレージ不足を解消する方法!

iPhoneストレージとは?不足解消法

長年iPhoneを使っていると悩まされる問題。それが「ストレージ不足」です。

ストレージとは、iPhoneのデータを保管しておく倉庫のようなもの。

当然倉庫の広さ(容量)には限りがあるので、毎日の記録のように写真やビデオを撮ったり、好きなだけ音楽をダウンロードしたり、メールを長期間保存していたりすると、意外とすぐにストレージ容量が足りない状況に陥ってしまいます。

ストレージ容量不足になると、いざ写真を撮ろう!と思ったときにできなかったり、撮影した写真を削除しなければならなかったり、アップデートができなかったりするので、普段からストレージの空き容量を確認し、ストレージを管理しておく必要があります。

そこで今回は、iPhoneで使っているデータを減らす方法、またはiPhoneのストレージ不足を解消するための方法をお伝えしたいと思います。

空き容量を確認する。

今使っているiPhoneにどれくらい空き容量があるか確認します。

・iTunesから確認する。
①iTunesとiPhoneをケーブルで接続し、iTunesストアを開きます。
②左上に表示される「iPhoneアイコン」をクリック。
③一番下に、種類別に使っている容量が分かるカラフルなバーが表示されます。

・iPhoneから確認する。
①「設定」→「一般」→「情報」をタップします。
②「容量」と「使用可能」で残りの空き容量を確認できます。
もうひとつの方法は、
①「設定」→「一般」→「使用状況」をタップ
②「ストレージ」に表示されているリストから、それぞれのサイズが確認できます。

iPhoneの空き容量が少ない場合どうしたらいいか、ストレージ不足を解消する方法を、次にご紹介します。

関連カテゴリ一覧
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる