トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneのバーストモードとは?使い方おさらい
iPhoneのバーストモードとは?使い方おさらい
更新
まとめ・説明書

iPhoneのバーストモードとは?使い方おさらい

iphoneのバーストモードで決定的瞬間をカメラにおさめよう!

iPhoneのバーストモードとは?使い方おさらい

iPhoneのバーストモードについておさらいしておきましょう!

iPhoneのバーストモードとは、カメラの「連続撮影」のことです。1秒間で10枚の写真を撮影することができ、最大99枚まで撮影ができます。(ただし写真・スクエア選択時のみ)
バーストモード対応機種は、iPhone 6 Plus、iPhone 6、iPhone 5s のみとなっています。

撮影方法

撮影方法は簡単です。

①iPhoneのカメラを立ち上げ、写真かスクエアを選択します。
②シャッターボタンを長押しします。長押ししている間、連写し続けます。
※シャッター音は連続で鳴り続けます。
※バーストモードは基本的にオフにすることができません。

以上が、iPhoneのバーストモードで撮影する方法です。次からは、バーストモードで撮影した写真を確認する方法を詳しく説明していきます。

バーストモードで撮影した写真の確認方法

バースト写真の見方が分からない方が多いようなので、ここで解説しておきます。

①バーストモードで撮影した画像は、重なったように表示されています。
②サムネイルを選択し、「よく使う項目を選択…」を選択します。
※左上に何枚撮影されているかが表示されます。
③左右のスライドで写真が表示されます。
④サムネイルとして表示させたい画像にチェックします。(写真右下)複数枚選択することも可能です。
⑤完了をタップし、「すべて残す」か「○枚のお気に入りのみ残す」を選択
⑥すべて残した場合も、右下のゴミ箱マークをタップすれば、選択したもの以外を削除することができるので、撮影後の編集も簡単です。

※保存先のカメラロールから見る事ができます。


長押しで簡単に連続撮影できるので、失敗したくない記念写真や、動きのある写真を撮影する場合にピッタリですよね。
このバーストモードを知らなかった方もぜひ次回の撮影でチャレンジしてみてください。

また、バーストモードで撮影した写真を使って、GIFアニメを作るのも面白そうです。興味のある方は試してみてください。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る