トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iphoneで音楽を同期しよう!方法おさらい
iphoneで音楽を同期しよう!方法おさらい
更新
まとめ・説明書

iphoneで音楽を同期しよう!方法おさらい

iphoneで音楽を同期できない方必見!同期方法まとめ

iphoneで音楽を同期しよう!方法おさらい

みなさんはiPhoneで音楽ライフ、楽しんでいますか?
ここでは、もう一度「iPhoneで音楽を同期する方法」のおさらいしたと思います。

なんだか最近iTunesの調子がおかしい、エラーになり同期できない、失敗する、曲が消える、などトラブルのあった方、同期が理解できないという方は参考にしてみてください。

同期の基本のやり方

1. パソコンでiTunesを起動します。
2. 付属のUSBケーブルでiPhoneを接続します。
3. iTunes画面右上に表示されている「iPhone」をクリック
4. 上部のダブから「ミュージック」をクリック
5. 「音楽を同期」にチェック
6. ミュージックライブラリにあるすべての音楽を同期次第場合は「ミュージックライブラリ全体」にチェック
7. 画面右下に表示されている「適用」をクリック
8. 同期が終了するまで待って完了です。

一部のプレイリスト、曲を手動で同期したい場合

iPhoneの容量が足りず全曲入らない場合、ライブラリにある音楽の一部だけを選んで同期することもできます。曲ごとの同期も可能です。

上記手順の5までは同様です。

6. 「選択したプレイリスト、アルバム、およびジャンル」にチェック
7. 「プレイリスト」「アーティスト」を指定。曲も選ぶ事ができます。
8. 画面右下に表示されている「適用」をクリック
9. 同期が終了するまで待って完了です。

音楽が一部しか同期されない、という問題にお困りの方は、上記の項目にチェックが入っていないか確認してみてください。

同期が完了したら接続を解除

同期が完了したら、iPhoneとiTunesの接続を解除します。
iTunes画面に表示されている「iPhone」の横に表示されている「▲」取り出しアイコンをクリックし、iPhoneをUSBケーブルから外します。

CDからiTunesに取り込んだ場合、アルバムの曲がバラバラになってしまう

iTunesはアーティスト名が異なる場合、同じアルバムでも別々のアルバムとして認識してしまうことがあるようです。
この問題は、パソコンを使って解決することができます。

1. iTunesで該当する曲を右クリックして「情報を見る」を選択
2. 情報タブのアーティスト名やアルバム名が統一されていることを確認してください。
3. 統一されていなければ、修正しましょう。

アルバム名に少しでも違いがあると、別のアルバムとして認識されます。

iTunes in the iCloudで自動ダウンロード

iCloudを利用すれば、iPhone以外のデバイスで購入した音楽を自動的にダウンロードすることができます。これはiPhoneで設定します。

1. 「ホーム画面」→「設定」→「iTunes&App Store」
2. 「自動ダウンロード」内の「ミュージック」をオンにします。

以上で設定完了です。

wifiで自動同期

iPhoneとPCをワイヤレスで同期することも可能です。

1. パソコンでiTunesを起動します。
2. 付属のUSBケーブルでiPhoneを接続します。
3. iTunes画面右上に表示されている「iPhone」をクリック
4. 上部のダブから「概要」をクリック
5. 「オプション」内の「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」にチェック
6. 以上で設定は完了です。

今後はケーブルで接続しなくても、iPhoneとPCが同じWi-Fi内にいれば、データが同期されます。
※iTunesは最新の状態にしてください。また、iPhoneが充電状態である必要があります。

以上!「iPhoneで音楽を同期する方法」のおさらいでした!
上記の方法は、iphone 4 / 4s / 5 / 5c / 5sすべて共通です。

iPhoneを快適に使うには、音楽の同期は不可欠ですよね。

同期について理解が曖昧だと、iPhoneへダウンロードした曲が消えるということもあり得ますので、同期ついてにお困りの方は、上記の仕方を参考にしてみてください。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る