トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの各データバックアップ方法まとめ
iPhoneの各データバックアップ方法まとめ
更新
まとめ・説明書

iPhoneの各データバックアップ方法まとめ

備えあれば憂いなし!iphoneでバックアップをとる方法

iPhoneの各データバックアップ方法まとめ

iPhoneを使うメリットは「バックアップが簡単にとれる」こと。
万が一iPhoneを無くしても、バックアップを取っていればデータを失うことはないので安心ですよね。

そこで今回は、iPhoneのバックアップの取り方をまとめておきたいと思います。
普段なんとなくmacに接続してただけ、なんて方は、一度おさらいのつもりで確認してみてください。

バックアップ方法は、「iCloud」と「iTunes」の2種類あります。

iCloudでバックアップする

まずは簡単にできる「iCloudでのバックアップ」です。
最初にiPhoneを以下の状態にしてください。

・wifiに接続する。
・iPhoneを電源に接続する。
・ロックする。
・iCloudに必要な空き容量がある。

「設定」→「iCloud」→AppleID、パスワードを入力してサインイン → 「ストレージとバックアップ」→「iCloudバックアップ」をオン →「今すぐバックアップを作成」→「前回のバックアップ」に表示されている時間が更新されれればOK!

<iCloudでバックアップできるデータ>

・写真、ビデオ
・音楽、映画、テレビ番組、アプリ、本の購入履歴
・デバイスの設定
・アプリデータ
・SMS、MMS、iMessageのメッセージ
・ボイスメール
・着信音


iTunesでバックアップ

続いては、iCloudよりも確実に、より多くのデータをバックアップすることができる「iTunesでのバックアップ」方法です。

まず、

iPhoneをPCと接続させる。
→ iTunes画面右上に表示される「iPhone」をクリック
→ バックアップ画面を表示させたら、「このコンピュータ」にチェック
→ 「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェック
→ パスワードを設定(このパスワードは再設定できないので要注意!)
→ 自動的にバックアップが始まります。
→ バックアップが終わったら、最新のバックアップが更新されているか確認。

以上で完了です。

次回以降、iPhoneをPCに接続 → iTunes右画面に表示されているiPhoneをクリック→同期をクリックすればバックアップが始まります。万が一できない場合は「今すぐバックアップ」をクリックすればOKです。

<iTunesでバックアップできるデータ>

・iCloudでバックアップできるデータ
・電話帳、よく使う連絡先
・カレンダー
・Safariブックマーク、履歴、cookie
・メモ
・通話履歴
・ネットワーク設定
・App内で購入したもの
・壁紙


以上!iPhoneのデータバックアップ方法のまとめでした。
万が一iPhoneが故障した場合は、どちらからでも復元することができます。

iTunesでのバックアップの方がより確実に、多くのデータをバックアップすることができるので、定期的なiTunesでのバックアップをするよう心がけると良いと思いますよ!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る