iPhoneのジェスチャー一覧!使い方おさらいしよう!

ジェスチャーを活用してiphoneを使いこなそう!

iPhoneのジェスチャー一覧!使い方おさらいしよう!

みなさん、今日も便利にiPhoneを利用していますか?iPhoneのは他のスマートフォンとくらべて、何がそんなに優れているのかと問われると「計算し尽くされて、洗練された使い勝手」と答えます。

操作や見た目の一貫性であったり、説明書を読まなくてもフィーリングで使える簡単な操作性であったりだと思います。もちろん、目に見える機能だけでなく使っているうちに見つけたり、人から聞いて初めて知る機能だったりも多いわけですが、今回はその部分にスポットをあててみたいと思います!

iPhoneのジェスチャー一覧!と題しまして、使い方をおさらいしましょう!
種類はたくさんありますが、ほとんどのアプリで使い方は共通なので一度使い方を覚えてしまえばとても便利なので、ぜひ活用してくださいね。

ジェスチャーの種類

まず、ジェスチャーには大きくわけて2種類あります。

1.iPhone本体そのものを動かすもの
2.iPhoneの画面内で操作を行うもの(ジェスチャー入力)

内容によって、方法が違うのでしっかり覚えてくださいね!

既存のジェスチャー一覧

・入力のキャンセル
LINEやメールで入力をしている際に入力内容を取り消したい時ってありますよね。
でも、わりと長文を書いたのでちまちま消すのが面倒…。そんな時に便利な取り消し方があります!

本体を横にシェイク(振る)してみてください。「取り消す – 入力」と表示されるので、取り消しを押せば入力した内容が取り消されますよ。

・Safariで「進む」「戻る」
標準ブラウザのSafariで「進む」や「戻る」を行うには画面下部の「<」と「>」とそれぞれ押せばいいだけなんですが、操作をさくさく行っていると指を一番下までもって行くことすら億劫になるんですよね…。

そんな場合は画面左端から右に向けてスワイプすると「戻る」画面右端から左に向けてスワイプすると「進む」と同じ動作をしますよ。

・まとめてアプリ終了
iOS7から「ホームボタン」を2回押すと、横にずらーっと起動中のアプリが表示(マルチタスク)されますが、立ち上げているアプリが多い場合は消すのが面倒ですよね。実は終了できるアプリはひとつだけではないんですよ!

試しに、指3本で下から上にスワイプすると一気に3アプリが終了しちゃいます!一気に消して画面もメモリもさっぱりですね。

・次の曲
リモコン付きのイヤホンをお使いの方は大丈夫だと思いますが…、そうでない方は満員電車の中で音楽を聞いている時に、次の曲に飛ばしたいけどiPhoneの画面が見られない…なんて経験が一度はあるんではないでしょうか?

そんな時はiPhone本体を横にシャッフルしてみてください。1曲飛ばしと同じ効果が得られますよ!

続いて、自分でジェスチャーを登録したい時はどうしたら良いか、登録方法をご説明していきます。

自分でジェスチャーを登録してみよう!

と、ここまで既存ジェスチャーのお話をしましたが、これとは別に、この便利なジェスチャー機能が自分専用のカスタムジェスチャーを作成して登録できるんですよ!

1.画面の「設定」をタップします。
2.「一般」をタップします。
3.「アクセシビリティ」をタップします。
4.「Assistive Touch(アシスティブタッチ)」をタップします。
5.「Assistive Touch」をONにします。

ここでジェスチャーを登録することで、カメラが便利に使えるジェスチャーを作れたりします。
ただ、何に使うか決めてから作ってみる作ることをおすすめしますよ。

他にもこの機能ではスリープやロック解除もできるのでぜひ使ってみてくださいね!

iPhoneアプリ・iPadアプリの前後記事

omochi
この記事のライター 『omochi』

Applision編集長のomochiです。
「iPhoneのジェスチャー一覧!使い方おさらいしよう!」記事は満足いただけましたか?
他にも人気のまとめ・説明書 使い方・お悩みを多数おすすめしています。 是非、Google+やtwitter、facebookでフォローお願いします!

合わせて読みたい!関連記事のご紹介