トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > ipadが「充電していません」になった際の解決法
ipadが「充電していません」になった際の解決法
更新
まとめ・説明書

ipadが「充電していません」になった際の解決法

あなたのiPadが「充電していません」表示になったら?

ipadが「充電していません」になった際の解決法

iPad / iPad mini に充電コードを差し込み充電しようとしても、画面右上のバッテリーアイコンが「充電していません」と表示されることありませんか?

これは故障ではなく「電力」の不足が、充電できない原因と考えられます。
「iPhoneは充電できるのになぜ?」と思われるかもしれませんが、携帯とタブレットでは必要なアンペアが違うのです。
大半のWindows や Mac PCで、USB接続しての充電は、直接充電器をコンセントに差し込むよりも、電流が低くなっています。

特にタブレットは、iPhoneの2倍近くものアンペアを必要とするので、PCからでは時間がかかる、または充電ができないようになっているのです。
iPhoneとiPadのACアダプターがちがうのも、これが理由なんですね。

そこで今回は、iPad や iPad mini が「充電していません」になった際の解決法についてまとめてみたいと思います。

iPhoneの充電が出来ない方は、iPhoneがいきなり充電できない(充電されない)ときの対処方法を御覧ください。

①純正の充電器でコンセントから充電する。

やはりこれが一番です。
ACアダプタの小さなiPhoneの充電器でも、充電はできますが、少々パワーが劣るので、一度0%になってしまうと充電はできないことが多いです。
2つ持ち歩くのは大変ですが、使い分けが必要ですね。


②高電圧USBポートを使用する

高電圧USBポートが搭載されているパソコンを使えば、充電することができます。ただし、コンセントから直接充電するよりも、時間がかかります。
パソコンから充電する場合は、iPadはスリープ状態にしておく必要があります。パソコン側は電源の入っている状態を保たなければなりません。スリープモードやスタンバイモードになっていると充電ができないので注意してください。

③充電器の破損チェック

ケーブルに切れなどの破損がないか確認してみてください。長期間使用していると、接続している反応は見えるのに、充電がされない場合があります。事故に繋がる可能性もあるので、新しい充電器を用意しましょう。

上記の方法でも解決しない場合は、Apple Storeに調査の依頼をしてください。


以上、iPad や iPad mini が「充電していません」になった際の解決法についてのまとめでした。
今回の問題は、iPad、iPad mini、iPad 2、iPad Air すべて共通です。
このように調べていくと、iPhoneとタブレットの違いが分かってきますね。

ちなみに、iPadの電池は、電源が入っていない状態で放置しておくことが、一番デバイスに良くないそうです。
詳しくは、【がーん】ipadが起動しない原因と対処法をご覧ください。
こまめな充電チェックをし、お持ちのiPadが長持ちするように、正しい充電方法を心がけるようにしましょう!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る