トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの読み上げ機能が面白い件!使い方と設定まとめ
iPhoneの読み上げ機能が面白い件!使い方と設定まとめ
更新
まとめ・説明書

iPhoneの読み上げ機能が面白い件!使い方と設定まとめ

iPhoneの読み上げ機能の使い方と設定まとめ

iPhoneの読み上げ機能が面白い件!使い方と設定まとめ

iPhoneやiPadは多くの人に快適に使ってもらえるよう、実に様々な仕掛けや補助機能が備わっています。
その中でも、読み上げ機能が面白いとの情報をキャッチしたので、さっそくチェックしてみましょう!!

まずは読み上げ機能設定

通常の状態では読み上げ機能はオフになっていて、そのままでは使えないので、次の手順で設定します。

1.まずは画面上の[設定]をタップ!
2.次に[一般]をタップ!
3.そのままページ内にある[アクセシビリティ]をタップ!
4.さらにそのページ内にある[選択項目の読み上げ]をタップ!
5.最後に[選択項目の読み上げ]を「ON」に設定すれば準備完了です!

読み上げ機能を実際に使ってみる

では、早速使ってみましょう!
使い方はいたって簡単。

webページなどで読み上げさせたいテキスト文字をコピー&ペーストの要領で選択すると…「コピー」や「ユーザ辞書」のポップアップメニューが出てきます。その中に「読み上げ」の項目が追加されています。これをタップすると文章を読み上げてくれます。ね、簡単でしょう?

文字がコピーされている場合、ポップアップにメニューが入りきりません。その場合はポップアップメニューの一番右端の「▶」をタップしてください。そうすれば「読み上げ」のメニューが出てきますよ。

止める方法としては「読み上げ」をタップするとそのメニューが「一時停止」に変わるので、タップすればOKです。
ただし、あくまでも一時停止なので最初から聞きたい場合は、一度全て読み上げた後に再度「読み上げ」をタップするしかありません。

使い勝手はどうなの?

さて、この読み上げ機能ですが、iPhone 4sから搭載され5、5sへと引き継がれているのですが「iPhone 4s」からという単語でピンときた方もおられるかもしれません。

そう、音声エージェント機能の「Siri」と同じです。その関係があるのか、ないのかは不明ですが、読み上げ機能の声は「Siri」さんです。高品質で聞き取りやすい声なのですが、流暢に日本語を話す場面もあれば発音のニュアンスが少し変に感じる場面も多々あります。

情報量が多いと早口に聞こえ、聞き取れないこともありますが、その場合は読み上げ速度を調整することが可能です。やり方は、最初に読み上げ機能を使えるようにした際に「読み上げ速度」と書かれたスライダーがあります。

このスライダーを左側(カメのマーク側)にすると、ゆっくり読み上げ、右側(ウサギのマーク側)にすると早口で読み上げます。にしても、このウサギマークはパッと見た目でウサギってわかりませんよね…

使用用途としては、ウエブページやメール(iPhone標準の「メッセージ」でも使用できます。)の内容を聞きながら作業したい場合や、メモやニュースの読み上げでしょうか。

最後になりましたが、エロい言葉を読み上げさせて「Siriタン、ハァハァ」をお考えの方は、くれぐれも音量にご注意ください!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る