トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneでPDFを閲覧・保存する方法
iPhoneでPDFを閲覧・保存する方法
更新
まとめ・説明書

iPhoneでPDFを閲覧・保存する方法

iPhoneでPDFを閲覧・保存する際のまとめ

iPhoneでPDFを閲覧・保存する方法

ビジネスシーンでは資料を見たり、プライベートシーンでは案内状やお店のクーポンなどでPDF形式のファイルを使用する機会が増えてきていると思いますが、出先やお店に向かう途中で「PDFファイルをプリントしてくるのを忘れたので、内容が見れない!」という経験はありませんか?

でも、ご心配無用。そう、iPhoneならね!

そこで、今回はiPhoneでPDFファイルを閲覧・保存する方法を見ていきたいと思います。
しかも、無料アプリを使って!!

それでは、利用するシーン別に見ていきましょう。

ブラウザを使用してWebページのPDFを閲覧する場合

これだけスマートフォンが世に浸透しても、まだまだパソコンで閲覧することを前提に作られたWebサイトが、残念なことに山のようにあります。
ノートPCを持ち歩くのも一つの解決策ですが、せっかく手元にiPhone/iPadがあるのであれば、これを使わない手はありません!

大丈夫です、閲覧するだけなら何もする必要がありません。
iPhone標準ブラウザのSafariでも、Googleの「Chrome」でもPDFファイルをそのまま表示することが可能になっているので、便利ですね。

メールに添付されたPDFファイルを閲覧する場合

メールに添付されたPDFファイルを見るのは、ビジネスシーンでの利用が多いのではないでしょうか?
この場合も安心してください。
iPhone標準のメールは添付されたPDFファイルをそのまま表示することが可能になっています。

また、標準のメール以外にGoogleの「Gmail」やYahoo!の「Yahoo!メール」をご利用の方もご安心ください。そのどちらも、そのまま何もしなくてもメールに添付されたPDFファイルを閲覧することが可能になっています。

次からは、iPhoneでDropboxに保存されたPDFファイルを見る方法について説明していきます。

Dropboxに保存されたPDFファイルを閲覧する場合

自宅でダウンロードや作成したファイルをDropboxに入れて、外出先でも見れられるようにしている人も増えてきたように感じます。
そのPDFファイルも「Dropbox」からそのまま閲覧することができます。

閲覧する場合のまとめ

見てきたように、現在はほとんどのアプリがそのままPDFファイルを閲覧することが可能になっていますね!
PDFを一々他の形式に変換して送ったり、新たに作成する手間がなくなり、便利な世の中になりましたね。


今回やってみる事は閲覧だけでなく、保存がありましたね。
これも簡単なのでやってみましょう!

おすすめするのは、PDFファイルを閲覧・保存・編集ができる「Adobe Reader」です。

方法は簡単。

[App Store]→[Adobe Readerで検索]→[インストール]

これだけです。

肝心な使い方ですが、Safariや標準のメールでPDFファイルを開いた際に「次の方法で開く…」を選択し、「Adobe Reader」を選択するだけ。
この方法で開いたPDFファイルは自動で保存され「Adobe Reader」からいつでも閲覧できるようになります。
しかも、そのままメールに添付したり、印刷することも可能になるため是非ともインストールしておきたいアプリですよ。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る