ipadのキャッシュ削除してる?削除方法まとめ

iPadが重くなってきたあなたへ、キャッシュ削除方法まとめました!

ipadのキャッシュ削除してる?削除方法まとめ

「最近iPadが重くなったなあ」なんてことは感じませんか?
「不要なアプリやデータはなるべく削除してるのに」と思ってらっしゃる方もいるかもしれません。
原因は、おそらく「キャッシュ」です。

「キャッシュ」とは、一度開いた画面や、読み込んだ画像の記録を保管しておくデータのことです。
iPadにインストールされているアプリは、使えば使うほどキャッシュを溜め込んでいきます。
それが原因で、iPadのパフォーマンスが悪くなることがあるのです。

ここでは、iPad / iPadmini のキャッシュの削除方法をまとめておきたいと思います。

まずは、現在お使いのiPadの使用状況を確認しておきましょう。

「設定」→「一般」→「情報」

ここでは、iPadの使用状況が確認できます。
ここに表示されている数の割には、あまり使っていないなと感じるものがあれば、一度削除するなどして整理することをオススメします。

「設定」→「一般」→「使用状況」

使用しているアプリの容量などが確認できます。
twitter、safari・chromeなどのwebアプリ、メール、写真、など、頻繁に使うものが多くなっていませんか?
お仕事で使われている方は、dropboxやevernoteが多くなってしまっているかもしれませんね。

容量が肥大化しているものをピックアップして、キャッシュの削除を行っていきましょう。次からは、キャッシュ削除の方法を詳しくご説明していきます。

キャッシュの削除方法

キャッシュは、履歴を削除するだけでは消えません。アプリごとを一旦削除し、再ダウンロードする必要があります。

①ホーム画面でアプリのアイコン(どれでもOK)を長押し。 → キャッシュを削除したいアプリを、一旦削除します。

②ホーム画面から「App Store」をタップ → 画面下のタブ「購入済」をタップ → 再ダウンロードしたいアプリの「iCloudマーク」をタプして再ダウンロードします。

以上の操作で、キャッシュも自動でリセットされます。
どうでしょう?少しはパフォーマンス状況は改善されましたか?

アプリを一旦削除すると、再度サインインや設定をし直す必要があります。
それが面倒だなと思う方には、このようなアプリも出ています。

「Phone Clean」
ダウンロードはこちら:Windows版およびMac版ダウンロード

キャッシュのみを削除してくれる便利なアプリです。気になる方はダウンロードしてみてください。

以上、キャッシュ削除の方法でした。
快適なiPad操作の秘訣は、不要データを溜め込まないことです。
まずはキャッシュの削除!ぜひ試してみてくださいね。

iPhoneアプリ・iPadアプリの前後記事

omochi
この記事のライター 『omochi』

Applision編集長のomochiです。
「ipadのキャッシュ削除してる?削除方法まとめ」記事は満足いただけましたか?
他にも人気のまとめ・説明書 使い方・お悩みを多数おすすめしています。 是非、Google+やtwitter、facebookでフォローお願いします!

合わせて読みたい!関連記事のご紹介