トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > 【がーん】ipadが起動しない原因と対処法
【がーん】ipadが起動しない原因と対処法
更新
まとめ・説明書

【がーん】ipadが起動しない原因と対処法

iPadが起動しないというあなたに読んでもらいたいまとめ

【がーん】ipadが起動しない原因と対処法

iPad・iPad2・iPadminiが起動しないトラブルが多発しているようです。
「久しぶりに使おうと思ったら電源が入らない」「突然、ディスプレイが反応しないという」iPadユーザーには「故障!?」などとドキッとしてしまう症状ですよね。

原因は、充電切れというシンプルな問題である場合が多いので、落ち着いて対処してください。
もしくは、ホーム・スリープボタン故障なども考えられます。

対処法として、以下の方法を試してみてください。

デバイスをリセットする

スリープボタンとホームボタンを両方同時に10秒以上押し続けます。するとアップルマークがあらわれ、リセットが完了されます。

充電チェック

デバイスのリセットをしても起動しない場合は、知らない間にバッテリー切れの可能性があります。
付属のケーブルと充電器で数時間充電を行ってください。

電源コードに接続した時に、赤い電池マークが表示されれば、充電切れです。
iPhoneやiPadは、何もせず放置するだけで、デバイスが放電し、バッテリーはなくなっていきますので、こまめな充電を心がけましょう。

またこの時、iPhoneの充電器を使うと、なかなか充電が進まなず、うまくいかない可能性があります。必ずiPad専用の充電器を使うことが大切です。

iTunesに接続する

電源ボタン自体が破損している可能性もあります。
USBコードでお使いのパソコンにつなぎ、iTunesを立ち上げてください。問題なければ、自動的に電源ONになります。

次からは、ipadのアプリが起動しない時の原因と対処法についてご説明していきます。

アプリのみが起動しない場合

アプリを立ち上げようとしても、すぐに落ちて起動しない場合、iPad本体を再起動してみてください。

本体上部にあるスリープボタンを長押し → スライドで電源オフ → 再びスリープボタンを長押しし起動→ Appleのリンゴマークが現れれば、再起動完了です。

一個のアプリのみが作動しない場合

単体のアプリのみが作動しない場合は、アプリの強制終了を行ってください。
ホームボタンをダブルクリック → 左右にスワイプして、終了したいアプリのプレビューを上へスワイプして、強制終了ができます。


以上が、考えられる原因と対処法です。

画面が無事立ち上がったら、正常に動作しているか確認が必要です。
データが壊れている場合は、パソコンに接続して、復元を実行してください。

不具合の症状によっては、Appleでの修理が必要な場合もあります。上記の方法で正常に動作しなければ、正規店での修理をおすすめします。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る