トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > 【もしもし】iPhoneの留守電時間を変更する方法
【もしもし】iPhoneの留守電時間を変更する方法
更新
まとめ・説明書

【もしもし】iPhoneの留守電時間を変更する方法

iPhoneの留守電切り替え時間の設定・変更まとめ

【もしもし】iPhoneの留守電時間を変更する方法

iPhoneの留守番電話機能は、利用されていますか?
お仕事で電話を使う機会が多い方には、留守電への転送は必要不可欠な機能ではないでしょうか。

iPhoneは、留守電に切り替わるまでの時間は「20秒」に設定されていますが、その時間を設定を変更できるのはご存知でしたか?

今回は、iPhoneの留守電時間を変更する方法を、各キャリアごとにまとめておきたいと思います。

softbank(ソフトバンク)

iPhoneから「1406」に発信 → キーパッドを選択 → ガイダンスが流れたら「441#」を入力
→「1」(転送電話呼び出し有り)→「09066517000#」(留守番電話センター番号)
→「1」(音声電話を転送する場合)→呼び出し時間の設定
5秒単位で1~6まで選択できます。
→設定した内容が間違いなければ「#」→完了です!

docomo(ドコモ)

iPhoneから「1419」に発信 → キーパッドを選択 → 0〜120秒の間で希望の秒数を入力+最後に「#」
→「#」→完了です!
※ドコモで留守番電話の設定をするには、有料オプション加入が必要です。(月額315円)

au(エーユー)

iPhoneから「1418」に発信 → 続けて05~55秒の間で希望の秒数を入力 → 完了です!
最近までauは留守電切り替えまでの時間変更に対応していませんでしたが、ようやくサービスが開始されたようです。

キャリアを比べると、ドコモが設定幅が広く、扱いやすそうですね。

留守電切り替えまでの時間が、「短い!」「長い!」という方は、参考にしてみてください。

その他のiPhone基本設定記事まとめ

iPhoneのアラームスヌーズの設定と止め方おさらい
iPhoneが同期できない場合のチェック項目
iPhoneの発信履歴削除および復活方法まとめ
【iOS】バッテリーの残量を表示させておくと便利!簡単設定方法
もっと見る

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る