トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > ipadに何かあった場合の強制終了の方法教えます!
ipadに何かあった場合の強制終了の方法教えます!
更新
まとめ・説明書

ipadに何かあった場合の強制終了の方法教えます!

iPadの強制終了できない人必見!

ipadに何かあった場合の強制終了の方法教えます!

iPadやiPadminiユーザーの中には、「突然iPadが動かなくなった!」なんていうことはありませんか?どこを、何を押しても反応しない!強制終了すらできない!となると、かなり焦りますよね。

そんなときのために、iPad、iPadminiおよびiPad2を強制終了する方法を、まとめておきたいと思います。
iPadのフリーズに関しては、iPhoneがフリーズした場合はこれで直る!対処法まとめを御覧ください。

強制終了

iPad本体右上のスリープボタンを長押し→画面上部にスライドして「電源オフ」表示がでます。
スライドして完了です。

再起動

再起動したい場合は、上記の強制終了を実行し、ふたび「スリープボタン」を長押し。appleのマークが出てきたら起動完了です。

iPadをリセット

スリープボタンを押しても「電源オフ」表示が出ない場合は、デバイスのリセットを行います。

「スリープボタン」と「ホームボタン」を同時に10秒以上長押しすればOKです。

続いて、アプリを強制終了する方法画面が真っ暗になってしまった時の対処法を、次から詳しく説明していきます。

アプリの強制終了

メールだけ立ち上がらない、ゲームアプリがフリーズした、facebookやtwitterの読み込みが遅い、safariやchromeなどのブラウザだけネットに繋がらないなど、単独のアプリにトラブルがある場合、アプリのみを強制終了することができます。

「ホームボタン」をダブルクリック→現在立ち上がっているアプリが表示されます。
左右にスワイプして強制終了したいアプリを探し、アプリのプレビューを上にスワイプして「強制終了」で完了です。

使っていないアプリで立ち上がったままになっているものがあれば、この時に一緒に終了させてしまいましょう!

画面に何も表示されない場合

充電切れの可能性があります。iPad本体に電源ケーブルを接続して、赤いバッテリーのマークが表示されたらバッテリー切れです。しばらくそのまま充電してください。

自動的に立ち上がりますが、立ち上がらなければ、再度スリープボタンを押すなどして、起動を試みてください。

最終手段は復元

上記の手順を行っても解決しない場合は、最終手段の復元です!
iPadをコンピュータに接続して、iTunesを立ち上げます。
復元の前に、iPadのバックアップを行います。
その後「概要」→「復元」で復元スタート。自動的にiPadが再起動します。
再びiTunesを確認し、「バックアップから復元」をクリック。
復元完了です。
(※iTunesは常に最新の状態にしておくことをおすすめします)

定期的にシャットダウンを。

長い間iPadを使い続けると、キーボードで文字入力中に、evernoteや標準のメモアプリが突然終了することがあるようです。しかも、これまで書いたものが消えるとか・・・。
できるだけ、定期的なシャットダウンを心がけたほうが良いようです。


以上が終了、再起動についての基本操作でした!
iPadは、iPhoneよりもフリーズしてしまうことが多いように思います。
そんな時は慌てずに、正しい手順で対応するようにしましょうね。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る