トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneでカメラ撮影した写真の位置情報削除や設定まとめ
iPhoneでカメラ撮影した写真の位置情報削除や設定まとめ
更新
まとめ・説明書

iPhoneでカメラ撮影した写真の位置情報削除や設定まとめ

iPhoneのカメラで撮影した写真には位置情報が含まれます!

iPhoneでカメラ撮影した写真の位置情報削除や設定まとめ

iPhoneユーザーにとって、大変便利な位置情報サービス。
知らない街で地図を確認できたり、twitterやfacebookで現在地を共有できたり、iPhoneをなくした際には、それがどこにあるか探すこともできます。

しかし、不要な位置情報サービスによって、自宅の場所が第3者に知られてしまうなどの、トラブルの発生要因となることは、ご存知の方も多いと思います。

そこで、iPhoneのカメラで撮影した位置情報の設定・削除について、まとめておきたいと思います。

位置情報サービスの設定方法

位置情報サービスが設定されているかの見方は、簡単です。

「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→「位置情報サービス」オン/オフ

ここで、全ての位置情報サービスを使うか、使わないか設定できます。

オンになっていると、何かしらネットワーク(3G、Wi-Fi、モバイルデータ通信)の接続がされていれば、位置情報が記録されます。たとえ「機内モード」にしていても、経度や緯度が記録されるのです。
位置情報を残したくない方は、「off」の状態が最も安全です。

アプリごとの設定

画面を下へスクロールしていくと、アプリごとにも設定ができます。

アプリについては、はじめてそのアプリを使うときに、位置情報にアクセスしてよいか確認されます。このアプリでは必要ないなと思えば、そのときに「オフ」を選べばよいですし、「オン」にしてしまった場合でも、この設定画面でオフに切り替えることできます。

この機会に、位置情報サービスを使わないアプリがあれば、オフにしておきましょう。

SNSでの注意点

ピックアップしておきたいのが、「カメラ」の位置情報サービスです。

上記のような理由から、カメラアプリの位置情報のみ「オフ」にしている方も多いと思います。しかし、オフにしている場合でも注意が必要なのがSNSでの投稿です。

インスタグラムで位置情報のない写真をシェアする時に、「フォトマップに追加」がオンになっていると、投稿した場所がシェアされてしまいます。

また、インスタグラムに投稿した写真は、写真アプリに保存されます。
それをうっかり人に送ると、投稿データが記録された写真が、他人の手に渡ってしまうことになるのです。

では、位置情報を削除するにはどうしたら良いか気になりますよね? 次からはPhoneでカメラ撮影した写真の位置情報削除ができるアプリをご紹介していきます。

写真に記録された位置情報を削除・編集できるアプリ

位置情報が記録された写真の情報を消すことができるアプリがリリースされています。

・PhotCheck(iOS6.0以降)
ダウンロードはこちら:App storeで見る
「ついうっかり」を防止してくれるアプリですよ。気になる方はダウンロードしてみてください。

・koredoko(iOS5.0以降)
ダウンロードはこちら:App storeで見る
このアプリは位置情報を後から変更/修正することも出来ます。

写真に記録された位置情報を自動で削除してくれるもの

写真に撮影した場所が記録されていることは、必ずしもダメなことではありません。旅行写真などには、位置を記録しておきたいですよね。
位置情報を「オン」にしていても、共有方法によっては、写真に記録されている位置情報を自動的に削除してくれるものもあるんですよ。

<写真に記録されている位置情報が削除される主なもの>
・メッセージアプリで写真を送る
・LINEで写真を送る
・twitter、facebookで投稿する
(投稿場所がシェアされても、写真の撮影場所は削除されるようです。)

このように、注意深く扱っていれば、写真に位置情報があってもトラブルを予防することは十分に可能です。

とは言っても、こういった情報の管理については自己責任です。
思った以上にしつこくつきまとってくる、位置情報サービス。正しく理解して、トラブルの起こらないようにしたいですね。

iPhoneで位置情報をオンにする事のメリット・デメリット

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る