トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > 【ゴシゴシ】iPhoneの適切な掃除方法はこれだ!
【ゴシゴシ】iPhoneの適切な掃除方法はこれだ!
更新
まとめ・説明書

【ゴシゴシ】iPhoneの適切な掃除方法はこれだ!

iPhoneを隅から隅まで掃除しよう!

【ゴシゴシ】iPhoneの適切な掃除方法はこれだ!

普段のiPhoneのお掃除はどうのようにされていますか?
毎日使うものですから、汚れが気になりますよね。
iPhoneのお手入れお方法をまとめていきたいと思います。

普段のお手入れ

指紋が気になってきたら、糸くずの出ない柔らかい布を使って、こまめに液晶画面を拭きましょう。タオルやペーパータオルでは、スクリーン画面にキズが付く場合があるので使用してはいけません。

油などが付着したら

食べ物や油、ローションなどシミの原因になりそうな汚れが付着したら、早めに拭き取りましょう。まず、ケーブルを取り外し、iPhoneの電源を切ります。普段のお手入れと同じ様に、柔らかい布を少し湿らせて、液晶画面を拭いてください。液体クリーナーやアルコール、研磨剤などの清掃用品は絶対に使ってはいけません。

ホームボタン / スリープボタン・その他周辺部を清掃する

ホームボタンの効き目が悪くなってきた場合は、ボタンを指で押しながら、ボタン周辺から入り込んだ、中のホコリを取り出すように掃除してください。あまり強く押しすぎないように!
※ホームボタンの効きでお悩みの方は「iPhone/iPadのホームボタンの利きが悪くなったときの対処法」をご覧ください。

また、スリープボタンや、フロントガラスの周辺部の隙間・溝にたまった汚れも、柔らかい布で拭き取ります。古い汚れが固まって取れない場合は、完全に乾かした歯ブラシを使って取り除いてください。ウェットティッシュなどでほんの少しだけ湿らせると、頑固なホコリもとれます。

iPhoneにはまだまだ手入れをしておきたい場所があります。次から更に、iPhoneの掃除しておきたい場所と掃除方法について詳しく説明していきます。

  • 【ゴシゴシ】iPhoneの適切な掃除方法はこれだ!

カメラレンズの掃除

iPhoneカメラレンズの表面は、非常に硬化なサファイアクリスタル製のカバーがされているため、キズは付きにくくなっています。柔らかい布で拭き掃除すればOKです。
それでも写真に汚れが写っている場合は、アップルセンターのサポートへ修理の依頼をしてください。内部にゴミが侵入している場合があります。

SIMトレイの清掃

SIMトレイの開口部をよく見ると、汚れがたまっている場合があります。
汚れがひどく取れない場合は、ほんの少し消毒用のアルコールを付けて、汚れをそっと拭き取ってください。内部に水分・湿気が入り込まないよう十分に注意してください。

Lightingケーブル / dockコネクタ(充電口)の差し込み口・イヤホンジャック

このような接続部は汚れがたまりやすいです。最近充電がうまくいかないことがある、イヤホンから音が出ない、という方は、まずは掃除をしてみてください。

まず、綿棒で差し込み口周辺、ケーブル側を軽く拭いてください。差し込み口の奥は、爪楊枝や安全ピンをティッシュで包むなどして、そっとホコリを取り除いてください。

ドックコネクタ(DOCK)は、乾いた歯ブラシが使いやすいです。
できれば仕上げにエアダスターを使い、細かい汚れを吹き飛ばしてください。
エアダスターは家電量販店で、お手入れ製品として売っています。高価ではないのでおすすめですよ。

イヤースピーカー(イヤホン)

スピーカー部分は、内部がメッシュのような構造になっています。ホコリが内部に侵入するようなことはありませんが、耳から付着した汚れが、メッシュ部分にはたまりやすくなっています。音が聞きづらくなった、という場合は、たまったホコリが原因かもしれません。

まずは、乾いた歯ブラシを使ってホコリを取り除きましょう。奥の方は届きにくいので、歯ブラシの先端を使い、上手に掃除してください。仕上げにエアダスターを吹きかけて、細かいホコリを飛ばしてください。

最後にカバーも!

iPhoneの掃除のついでに、カバーも綺麗にしておきましょう。せっかくiPhoneを綺麗にしても、カバーが汚れていては意味がありません。カバーの掃除も忘れずに!


以上、iPhoneの掃除方法についてまとめてみました!
このように、お持ちのiPhoneを長く、快適に使用するために、こまめな掃除を心がけてみてくださいね。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る