トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > 【イラ!】iPhoneでフリック入力ができない時の対処法
【イラ!】iPhoneでフリック入力ができない時の対処法
更新
まとめ・説明書

【イラ!】iPhoneでフリック入力ができない時の対処法

iPhoneのフリック入力がおかしいぞ?

【イラ!】iPhoneでフリック入力ができない時の対処法

突然iPhoneでフリック入力ができなくなった!なんてトラブルありませんか?
OSをアップデートすることで、フリック入力に何かしらのエラーが出る場合が多いようです。

そんな方のために、フリック入力ができなくなった時の対処法をご案内します。
当てはまる症状のある方は、以下の方法をチェックしてみてください。

フリックで文字入力ができない、表示されない、画面に出ない場合

設定の中のキーボードに「日本語(Null)」が含まれいていませんか?もしあればそれを削除してください。

手順はこちら
「設定」→「一般」→「キーボード」→さらに「キーボード」の画面を表示し、一番上に「日本語(Null)」というキーボードがあれば、画面右上「編集」ボタンで削除してください。

これはアップルのサポートコミュニティーに寄せられた中で、解決できたケースが最も多い方法です。

続いて、フリック入力が反応しないなど、iphoneのキー入力の調子が悪い時の対処法をご説明していきます。

フリック入力が反応しない、フリーズする、感度が悪いなど違和感がある場合

キーボードの学習データーベースに問題があるようです。その場合は「辞書のリセット」を試してみてください。

手順はこちら
「設定」→「一般」→「リセット」→「キーボード変換学習のリセット」→「辞書のリセット」で、症状が改善する場合が多いです。

このリセットではユーザー辞書が削除されることはないようなので安心してください。

ごく稀に、「ユーザー辞書」に長い文章を登録していると、フリック入力のスピードに影響することがあるようです。その場合は、一度その登録単語を削除してみてください。

それでも改善しない場合は、「設定」→「一般」→「リセット」→「全てのリセット」を行ってみてください。

この方法で解決した方もいるみたいです。

最終手段

上記の方法でも改善しない場合は、iPhone本体を再起動してみてください。
iPhone本体右上の電源ボタンを長押しすれば、「スライドで電源オフ」にできます。

以上、iPhoneでフリック入力ができない時の対処法でした

途中で止まる、固まる、効かないなどによって、誤入力が増えストレスになることがありますよね。今やフリック入力は必須アイテム、使えないとなるとかなり不便です。

「ちょっとおかしい気がするけど一応使えるしな〜」という理由でそのままの方がいらっしゃれば、一度試してみてくださいね。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る