トップページ > ゲーム > ライト・暇つぶしゲーム > 【2017冬】かわいらしいドット絵の癒し系放置ゲーム「みどりのほし」
【2017冬】かわいらしいドット絵の癒し系放置ゲーム「みどりのほし」
更新
ゲーム

【2017冬】かわいらしいドット絵の癒し系放置ゲーム「みどりのほし」

こんにちは!Applisionです!

課金要素も無ければ、技術もいらない。
かわいらしいドット絵と、どこか懐かしい音楽、そして隕石を壊すときの爽快感。

「みどりのほし」が放つ、それぞれの魅力をこの記事で詳しく紹介していきます。

みどりのほし

宇宙人も隕石も武器も可愛い!

【2017冬】かわいらしいドット絵の癒し系放置ゲーム「みどりのほし」 【2017冬】かわいらしいドット絵の癒し系放置ゲーム「みどりのほし」

このゲーム最大の魅力、それはカワイイドット絵。星の上を歩き回るキャラクターや、ニョキニョキ生えてくる小さな植物、空を飛んでいる隕石が、かわいらしいドット絵で表現されています。

主人公の2人の宇宙人、特に黄色のほうが個人的にお気に入りです。たまに見せるとぼけた表情にとても癒されます。

なにをするの?

【2017冬】かわいらしいドット絵の癒し系放置ゲーム「みどりのほし」 【2017冬】かわいらしいドット絵の癒し系放置ゲーム「みどりのほし」

このゲームは隕石がほしの周りを飛んでおりそれらを「リユース砲」という武器を使って壊します。
すると星を緑化するエネルギーがたまり、そのエネルギーを使って武器や便利なアイテムをレベルアップすることができるのです。

星の緑化にエネルギーを使うと、徐々に星に草や緑が増えていき、100%になるとその星の緑化が完了します。

選べる3種のリユース砲

【2017冬】かわいらしいドット絵の癒し系放置ゲーム「みどりのほし」 【2017冬】かわいらしいドット絵の癒し系放置ゲーム「みどりのほし」

リユース砲には種類があります。それぞれに長所や短所がありますので、そちらをご紹介します。

・バルカン

最初に使えるリユース砲です。連射に優れ、他のリユース砲にはない、「隕石を削る」ことができます。

ゲームを進めていくと、他の威力の高いリユース砲でもどうしても壊せない隕石が出てきます。ですがこのバルカンだけは、壊せないまでも隕石からアイテムを削り取ることができるのです。

・ミサイル

画面を押しっぱなしにしているだけで自動で隕石を追尾してくれるミサイルです。威力もバルカンより高く、非常に使いやすいです。
レベルアップで一度に打てるミサイルの数が増えていきます。

・レーザー

隕石を貫通するレーザー。バルカンもミサイルも、隕石に当たるとそこで止まってしまうのですが、このレーザーは隕石のうしろに別の隕石があってもお構いなしに攻撃することができます。

隕石がたくさん連なっているときには非常に頼もしいです。

ずっとほったらかしでもオッケー

【2017冬】かわいらしいドット絵の癒し系放置ゲーム「みどりのほし」 【2017冬】かわいらしいドット絵の癒し系放置ゲーム「みどりのほし」

このゲームは基本的に隕石を壊してほしの緑化を進めることですが、なにもずっと壊し続けることはありません。

ドット絵をぼーっと眺めていたり、音楽を聴いてリラックスしたり、主人公たちの動きに癒されているだけでも、ゆっくりとですが、実は緑化が進んでいるのです。

長く遊べる収集要素も

【2017冬】かわいらしいドット絵の癒し系放置ゲーム「みどりのほし」 【2017冬】かわいらしいドット絵の癒し系放置ゲーム「みどりのほし」

緑化が100%になってもそれで終わりではありません。緑化が完了すると、少しの引継ぎ要素だけをもって次のほしに移ってまた緑化が始まります。

ここで見てほしいのが収集アイテム要素です。実は1回や2回緑化を完了しても収集要素がまだまだ空っぽのままなのです。ぜひ全アイテムのコンプリートを目指してみてください。

アプリは無料でダウンロード可能ですので、一度皆様もドット絵の癒し空間で遊んでみてはいかがでしょうか。

このアプリが気になった人はこちら!
【2017冬】かわいらしいドット絵の癒し系放置ゲーム「みどりのほし」
『みどりのほし』をストアでダウンロードする
App Store:無料 Google Play:無料

販売元:Kikaku Damashii, Inc
販売価格:無料
※価格表記は記事掲載当時の情報です。価格が変更されている可能性がありますので、正式な価格はapp storeからご確認ください。

星のゴルフ:宇宙でゴルフしたらこんな感じ??不思議で可愛いゴルフゲームアプリ。

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る