トップページ > ビジネス・セキュリティ > メモ・手帳 > 3年日記:去年・一昨年の同日の日記を読み返せるiPhoneアプリ
3年日記:去年・一昨年の同日の日記を読み返せるiPhoneアプリ
更新
ビジネス・セキュリティ

3年日記:去年・一昨年の同日の日記を読み返せるiPhoneアプリ

iPhoneアプリ3年日記の使い方まとめ

今回は、日記アプリ「3年日記」をご紹介します。

このアプリは従来の日記アプリとは違った特徴があり、今年、1年前、2年前のその日の日記を、同時に表示することができます。

3年間しか使えないというわけではなく、いつまでも使うことができるので、今年書いた日記は、来年には去年の日記になってるわけです。そう思いながら日記を書くと、ちょっと面白いですよね。

  • 3年日記:去年・一昨年の同日の日記を読み返せるiPhoneアプリ

起動した画面はこんな感じ。
タブをタップすることで、去年の日記、一昨年の日記を切り替えることが出来ます。

使い方は簡単、右上のボタンをクリックすると、その日の日記の記入・写真の添付(1枚)ができます。

その日のイベントを細かく書き記すもよし、とくになにもしなかった日でも、小さなことをちょろっと書くだけでもよし、あとから見返して面白い!と思えるような日記を書き残しましょう。

特に、毎年恒例のイベントを記録するときには大活躍。
そういえば去年はなにしたんだっけ?一昨年は?と気になった時、すぐ確認できるのはとっても便利。
両親の誕生日や、彼女の記念日のプレゼントがかぶることも、もうありませんね。
暇つぶしにも最適です。
  • 3年日記:去年・一昨年の同日の日記を読み返せるiPhoneアプリ

Twitter連携を利用することで、その日の記録に日記だけではなく、ツイートも表示することができます。

日記からだけでは読み取りにくいその日の心情を読み取れるのも、ツイッターの面白さ。
この日こんなことがあったみたいだけど、僕はどんな気分だったんだろう?というのがツイートからみてとれると面白いですね。

  • 3年日記:去年・一昨年の同日の日記を読み返せるiPhoneアプリ

あ、この日記はTwitter連携する前の日記かぁ、、つぶやき見れなくて残念・・・といったときでもDropboxにログインすることで、自分のTwitterアカウントから、ツイートの履歴をインポートできます。

このアプリはLite版、製品版とありますが、Lite版には、50日以上の日記の記入が出来なかったり、500件以上のツイートの読込ができなかったりと制限があります。

それこそこのアプリの最大の魅力である3年の間フルに利用することはできませんが、製品版は100円とお手頃な価格になっていますので、ある程度使用してみて面白い!と感じたら是非購入してみることをおすすめします。

お友達と一緒に使ってみるのも面白いこと間違いなし。
普段の日記アプリに退屈している方には特におすすめできるアプリです。


販売元:Kazuo Sakamoto
販売価格:無料
※価格表記は記事掲載当時の情報です。価格が変更されている可能性がありますので、正式な価格はapp storeからご確認ください。
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る