トップページ > ビジネス・セキュリティ > メモ・手帳 > Pages:王道の文書作成ツールの極
Pages:王道の文書作成ツールの極
更新
ビジネス・セキュリティ

Pages:王道の文書作成ツールの極

iPadをお持ちの方は、ご存知の方が多いと思います。 なので、あえてご紹介するまでもないとは思いますが…このアプリには何時もお世話になって いるので、改めてご紹介したいと思います。 iPhone、iPad の両方に対応しています。
 

Pages

このアプリは、文書作成ツール。 Wordの様に使うものですが、操作が煩雑でないのでストレスフリーでオペレーション出来ます。 無駄な機能が無い代わりに、アプリ自体に無理が無いんです。 必要なものは全てシンプルに備わっている印象です。
Pages:王道の文書作成ツールの極
テンプレートは、ノーマルな白紙から研究レポート、物件ポスター、名刺など 多彩なラインナップで貴方の作成を助けてくれます。 最近によくある「これでもか!」的な頑張りが滲んだレポートではなく、あくまでもスマートで的確な…そして美しいレポートが出来そうなテンプレートの数々です。
Pages:王道の文書作成ツールの極
このテンプレートから自分が作りたいスタイルを選び、タイトルや文、画像を差し替えるだけで実に驚きの完成度の高いものが出来上がります。

簡単画像差し替え

 
Pages:王道の文書作成ツールの極
画像も簡単に差し替える事が出来ます。 又、画像の位置や、大きさ、角度などの変更は、本当に指のみで出来る気軽さ。 ピンチで大きさを変え、指の角度で画像の角度も簡単に変更。 パソコンのマウスの操作ですら、面倒になってしまうかもしれません。  

入力画面

 
Pages:王道の文書作成ツールの極
実際の入力画面は、こんな感じです。 文字カウンターもあります。このカウンターをタップすると文字数だけではなく、単語数、段落、ページなども分かります。 書体、文字の大きさ、太字、アンダーなど操作中に必要なものだけをシンプルに配置した画面です。その他も細かい設定は出来ますが、その場合は画面右側の工具のマークを押すと ポップアップで各種ツールが出てきます。
Pages:王道の文書作成ツールの極
書体は各種ありますが、縦にスクロールして設定するタイプです。 いかがでしたでしょうか? 自分でも今やパソコンの文書作成ツールより、ほとんどこちらを使っております。 今だにWindowsからのやりとりで文字化けが起こることも稀にあります。 こと古いタイプのWindowsのPC等のやりとりは文字化けが発生しやすいですが。 実はこれは互いの文字認識の差ですので、対策はありますからご安心を。 そういう変換アプリも出ています。 まるで何かのコマーシャルの様に、外の風を感じながら…。 カフェのテラスで心地良く…でも妥協はしないで本格的に仕事をする。 実際、私はこのアプリのお陰でそれを実行出来ています。本当に素敵なアプリだと思います。 販売元:Apple
販売価格:¥1,000
※価格表記は記事掲載当時の情報です。価格が変更されている可能性がありますので、正式な価格はapp storeからご確認ください。
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る