Applision (アプリジョン) - iPhoneアプリやiPadアプリのレビューサイト > まとめ・説明書 > おすすめアプリまとめ > iPhoneのカメラのグリッドとは?使い方をマスターして上手に撮影!

iPhoneのカメラのグリッドとは?使い方をマスターして上手に撮影!

iPhoneのグリッドって?

iPhoneのカメラのグリッドとは?使い方をマスターして上手に撮影!

iphoneのカメラのグリッドは、写真をより美しく撮影するための補助線です。

補助線であるグリッドを使いこなせるようになると、よりiphoneでの写真撮影が楽しくなるだけではなく、大切な思い出をより美しいものにする事が出来ます。

具体的にグリッドとは、撮影画面を9分割してくれる縦に3本、横に3本と引かれている線です。もちろん、この線は撮影時だけ表示され、撮影した写真には映りません。

今日はこのグリッドの上手な使い方を説明していきます!

iphoneのカメラのグリッドを表示させる方法

普段カメラに慣れ親しんでいない人にとってグリッド機能はあまり注目されているものではありません。

その為、今までグリッド機能に気が付かなかった人も多いでしょう。では、どのようにiphoneのカメラにグリッドを表示させるのでしょうか。

1.「設定」から「写真とカメラ」を開きます。

2.その中の「グリッド」が初期設定ではオフになっていますので、オンにしてください。

手順はたったこれだけです。

グリッドをオンにしたら、カメラを立ち上げてみてください、グリッドが表示されるようになっているはずです。

グリッド線が必要ない場合は先ほどと同じ手順で今度はグリッドをオフにしてください。

※これはios7以降の設定方法です。

グリッドの使い方

グリッドの意味は簡単に補助線と考えて良いでしょう。画面を9分割するこのグリッドには様々な活用方法があります。

例えば、撮影したいものが写真の中央にあるのかどうか確認しやすくなりますね。また、線がある事で傾いてしまいがちな風景の撮影等も簡単に真っ直ぐにする事が出来ます。

つまりグリッドを利用する事で、構図をしっかりと決める事が出来るという事です

写真撮影が趣味ではない人にとって、写真の構図というのは意識しない事かもしれません、しかしグリッドは本当に簡単に構図が決定できるので、誰でもより美しい写真を撮影する事ができ、見栄えが全然異なる事に驚きます。

写真撮影が好きな人だけではなく、写真を撮るのは少し苦手だなという人も意識してみて欲しいです。

次からは、>iphoneのカメラを使いこなす方法について詳しくご説明していきます。

iphoneのグリッドアプリ

iphoneにはカメラアプリがたくさんありますが、グリッドのアプリもたくさんあります。

これらは撮影時の補助線の利用というよりも、画像加工のアプリとして加工しやすいように線を用いたり、画像を分割して表示させたりするもののようです。

数多くありますので、自分の好みのものを利用してみるのも面白いのではないでしょうか。

iphoneのカメラを使いこなす為には

iphone4からiphone5、iphone5sへと進化するに従い、カメラの性能もアップしています。

特にios7からのカメラの性能は非常にスペックの高いものになっており、グリッドだけではなくhdrも使いこなせるとより良い写真になるでしょう。

hdrとは、iphone4から追加された機能ですが「ハイダイナミックレンジ」と言います。

これは連続して写真を撮影するだけではなく、明るさ等もそれぞれ異なる写真を撮影し、それらを合成し良い写真に仕上げてくれるというものです。

言葉で聞くと分かりにくいですが、実際に写真を見てみるとhdrの美しさに驚くでしょう。

iphoneでカメラを使いこなすのに、難しい事はないので、是非この機会にもっとクオリティの高い写真が撮れるようチャレンジしてみて下さい!

iPhoneアプリ・iPadアプリの前後記事

omochi
この記事のライター 『omochi』

Applision編集長のomochiです。
「iPhoneのカメラのグリッドとは?使い方をマスターして上手に撮影!」記事は満足いただけましたか?
他にも人気のおすすめアプリまとめ まとめ・説明書 写真や画像の管理を多数おすすめしています。 是非、Google+やtwitter、facebookでフォローお願いします!

合わせて読みたい!関連記事のご紹介

Applision (アプリジョン) - iPhoneアプリやiPadアプリのレビューサイト > まとめ・説明書 > おすすめアプリまとめ > iPhoneのカメラのグリッドとは?使い方をマスターして上手に撮影!