トップページ > カメラ・動画撮影 > コラージュ・デコ加工 > カワイイを撮ろう!B612 – いつもの毎日をもっと楽しく
カワイイを撮ろう!B612 – いつもの毎日をもっと楽しく
更新
カメラ・動画撮影

カワイイを撮ろう!B612 – いつもの毎日をもっと楽しく

こんにちは!Applisionです!

今回は、LINE社がリリースしているカメラアプリ「B612」をご紹介します。
LINE社はあの有名なカメラアプリのSNOWもリリースしておりますが、実は、SNOWよりもB612の方が前にリリースされているんです。
カメラ機能はSNOWと似ていますが、出来ることが違っていたりもします。
以下で詳しく紹介していきます。

B612 – いつもの毎日をもっと楽しく

「盛れる」カメラアプリ!

カワイイを撮ろう!B612 – いつもの毎日をもっと楽しく カワイイを撮ろう!B612 – いつもの毎日をもっと楽しく

B612は、フィルタ機能やスタンプ機能が充実したカメラアプリです。

フィルタ機能とは、色合いや明るさ、コントラスト等を自動で調整することで写真を綺麗にする機能となっており、基本的に人物撮影に特化したアプリなので、例えば唇の部分がより綺麗に色づいたり、肌が白くなったりといったフィルタが用意されています。

フィルタの数は多数あるので、いろいろなフィルタを試してみてお気に入りのフィルタを探すのも楽しいかもしれません。

スタンプ機能は、SNOWのようにカメラのフレーム内に動くスタンプを配置できる機能です。

SNOWのカメラ機能との違いとしては、小顔にする度合いや目を大きくする度合いを手動で設定できたりします。

小顔にしようとすると、顎がシュッと細くなり、同時に目が大きくなり、いわゆる「盛る」ことが簡単にできます。

スタンプは、猫耳や猫のヒゲを自分の顔と合成させることができたり、派手なメガネを合成したり、キャラクターと合成させたりと、様々なことができます。

撮影した写真はカメラロールに保存したり、SNSにシェアすることも簡単にできます。

写真のサイズの変更、コラージュも可能

カワイイを撮ろう!B612 – いつもの毎日をもっと楽しく

写真撮影の際に、画像のサイズ変更や、形状の変更(丸い写真など)をしたり、複数の写真を並べて1つの写真にコラージュすることも可能です。

こういった操作も直感的に1タップでできるので、手間がかかりません。

動画撮影も可能!

B612は動画の撮影となっていて、シャッターボタンを長押しすることで可能です。

動画撮影中ももちろんフィルタ機能やスタンプ機能も有効ですので、顔の動きに追従するようにスタンプが動くのは見ていて飽きることがありません。

もちろん撮影した動画を保存したりシェアすることもできます。

LINEやFacebookと連携して使用するPlay機能

カワイイを撮ろう!B612 – いつもの毎日をもっと楽しく カワイイを撮ろう!B612 – いつもの毎日をもっと楽しく

LINEと連携し、短い動画を撮影してセリフをつけて友人にシェアするPlay機能があります。

動く漫画風にメッセージのやりとりができるので、通常のメッセージアプリに飽きた人や、ビデオ通話はちょっと長くて面倒だな、と感じる方にオススメです。

直感操作で楽しく友達と写真撮影

基本的にインタフェースはわかりやすくできており、1タップでスタンプをつけて写真を撮影したり、フィルタ機能をつけてみたりといった操作に慣れるのは早いと思います。

スタンプやフィルタの種類も多いので、同じ背景で同じ人の撮影でも、撮り方によっては全く写真の見栄えが変わってきます。

また、普段自分の容姿に自信がない方も、こういった美白効果や輪郭の変更が出来たりするカメラアプリで自撮りすることで自分が望む顔に近づくこともできると思いますので、他人にシェアするしないに関わらず、撮影することで自分に自信を持つことができると思います。

まだインストールされていない方は、試しにインストールしてみてはいかがでしょうか。

ダウンロードは無料のアプリですので、オススメです。

このアプリが気になった人はこちら!
カワイイを撮ろう!B612 – いつもの毎日をもっと楽しく
『B612』をストアでダウンロードする
App Store:無料 Google Play:無料

販売元:SNOW INC.
販売価格:無料
※価格表記は記事掲載当時の情報です。価格が変更されている可能性がありますので、正式な価格はapp storeからご確認ください。

【2017秋】簡単! 動画、画像のトリミングアプリまとめ!

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る